402078784_IMG_9971


みなさん、こんにちは~

本日も前回に引き続き、胖胖大飯店(パンパンダーファンディエン)についてのお話です。

前回は鶏肉飯やルーローファンといった、ご飯メニューについてご紹介しました。

今回は麺類について、中でも台湾の麺料理の中でも日本人に人気の担仔麺(タンツーめん)についてご紹介します。

と、その前に胖胖大飯店について簡単にご説明しますね。



胖胖大飯店・パンパンダーファンディエンとは?

402078784_IMG_9952-compressor


胖胖大飯店(パンパンダーダーファンディエン)は、台北駅やMRT中山駅から、いずれも徒歩五分で行ける好立地にお店を構える、ルーローファンやタンツー麺などの台湾料理がとっても美味しい「隠れた名店」です。

ガイドブックに紹介されているわけではなく、一見すると、何の変哲もないローカル食堂ですが、料理の味は有名店に負けずとも劣らない美味しさで、まさにダークホース的なお店です。

日本人観光客にまったく知られていない、超穴場的なお店ですが、一度食べたら病みつきになる味にリピーターになる人が続出しています。

ちなみに、この中央に写っている黒のタンクトップを着た眼鏡をかけた背の高いお兄さんが、胖胖大飯店(パンパンダーファンディエン)のオーナーで、凄腕の料理人です。

少し無愛想なところがありますが、日本人と分かると不器用ながらも親切にしてくれる優しいお兄さんなんです。

担仔麺・タンツー麺とは?


担仔麺=
タンツー麺は台湾南部の第四の都市、台南が発祥の名物料理と言われています。

タンツー麺が美味しい有名なお店としては、台南にある度正月と言うお店が有名で、テレビやガイドブックでも度々紹介されている、日本人観光客に人気があるお店です。

度正月は台北にも支店があり、人気の観光スポットの永康街にお店があります。

タンツー麺は小麦粉を使ったストレート麺に、エビなどの海鮮で出汁をとったスープと豚のそぼろやエビ、ニンニクソース、パクチーなどの香菜が載っている麺料理です。

基本的には茶碗ぐらいの大きさの器で量は少なめなので、小腹が空いたときに食べる小吃(シャオチ―)の一つと言えるでしょう

激ウマで美味しかったタンツー麺

IMG_9955

担仔麺=タンツー麺 40元=約150円

胖胖大飯店(パンパンダーファンディエン)のメニューはどれを食べても美味しいのですが、特におすすめしたいのが、このタンツー麺です。

特筆すべきは全体的なボリュームの多さです。

先程も触れましたが、タンツー麺を提供するお店は、ほとんどが量が少なめ。

あの有名な度正月のタンツー麺も本当に量が少なく、それでいて一杯70元ぐらいと完全に観光化された高めの値段設定なんですね。

胖胖大飯店のタンツー麺は度正月のタンツー麺に比べても値段は安いのに、全体的に三倍ぐらいの量があります。

IMG_9959

貢丸湯にも入っている美味しい豚肉のミートボール、もちろん食感はプリップリッですから、歯ごたえは最高ですよ!

そして、スープは醤油(しょうゆ)ベースのさっぱりした味で、例えるなら日本の中華そばのスープの味に似ているので、日本人の口に合う味だと思います。

IMG_9960

その醤油ベースのスープがちょうどいいゆで具合の細い麺によく絡んでいるので、ついついズルズルッ!と勢いよくすすりたくなる麺なんですね。

これが本当にヤバイぐらいの美味しさなんです!

IMG_1282

胖胖大飯店(パンパンダーファンディエン)のタンツー麺は新鮮な野菜がたっぷり。

40元という値段で野菜まで沢山入ってるタンツー麺なんてこのお店以外見たことがありません。

IMG_9947

煮卵入りは50元=約180円です。

メニューでは

加蛋(チャータン)は中国語で卵を付け加えるという意味です。

もし、煮卵入りを注文するのであれば、加蛋と書かれたメニューを指さして注文してくださいね。

IMG_9999 (1)

味にアクセントを付け加えたいなら、ニンニクやトウガラシ、醬油、コショウがありますので利用してくださいね。

また違ったアクセントが効いたスープの味わいが楽しめますよ。


酸味がクセになる香茹肉羮

IMG_0197-compressor

香茹肉羮(シャンルーロウカゥ)40元=約150円

香茹肉羮(シャンルーロウカゥ)は、
台湾中部の都市、台中の有名な料理として知られています。

カツオ出汁をベースとした、片栗粉を使ったとろみのある酸味が効いたスープに、豚肉と魚のすり身を合わせたものに衣をつけて揚げた「平べったい肉団子」を浮かべた麺料理です。

猛暑が続く台湾では、夏バテ気味や食欲不振になりがち。

そんなときでも、カツオ出汁の良い香りと、酸味の効いたスープが食欲を増進してくれます。


IMG_0216-compressor

肉羮(ロウカゥ)は崩した団子状の豚肉で、食感がプリップリ!でとっても美味しかったです。

歯触りも最高ですよ!


IMG_0214-compressor

麺もとろみのあるスープによく絡まっているのでツルツルしてます。

のどごしがよくて最高です!

IMG_0209

スープはカツオ出汁が効いた酸味のあるスープです。

とろみがあって、コクのあるスープはまろやかな優しい口当たり、そして、酸味が妙にクセになってしまう不思議なスープです。

これが本当に美味しくて、私はかなり病みつきになりました!

香茹肉羮(シャンルーロウカゥ)は日本ではまず味わえない、レア度が高めの台湾グルメですので、台湾へ来たら一度食べてみて下さいね。

まとめとして

IMG_9947


台湾は外食文化がとても盛んなお国柄ということもあり、世間に知られていない超ローカルの無名店でも、抜群に美味しい本物の台湾料理が味わえます。

ガイドブックや大手旅行サイトが紹介している日本人ご用達のお店だけではなく、こういった超ローカルの食堂で食事をするのも旅の醍醐味のひとつとしておすすめです。

ここは味の評価だけなら、日本のガイドブックや情報誌で紹介されていてもおかしくないほどの非常にハイレベルなお店です。

特にタンツー麺は、コスパよし、ボリュームよし、味よしの三拍子がそろった激うまグルメなので強力におすすめですよ!

お店の見た目からは想像できないような美味しい料理の数々を是非試してみて下さいね。


以上、台北駅近くで発見した隠れた名店、胖胖大飯店(パンパンダ―ファンディエン)をご紹介させて頂きました。



胖胖大飯店(パンパンダ―ファンディエン)


営業時間

12:00~20:00

定休日

不定休だが主に日曜日、たまに月曜日も休み。

住所

103台北市大同區長安西路78巷1弄2號 

中山地下街2番出口から徒歩一分

地図はこちら→胖胖大飯店