masaru1

台湾の朝食でよく好んで食べられる物の一つに飯糰(ファントァン)と呼ばれる食べ物があります。

飯糰とは例えるなら台湾風の「おにぎり」といったところでしょうか。

ただ、日本にあるような一般的な三角の形をしたおにぎりと違って、形は細長く、薄く伸ばしたご飯の上に様々な具をのせた後に巻いて握るので、お酢が入っていないお米を使った大きめの巻き寿司のようなものだという表現もできます。

そんな飯糰ですが、お店によっては日本と同じ様に白いお米を使うところがあったり、一風変わった黒色や紫色のお米を使ったりと、日本人にはあまりなじみのないおにぎりがあります。

masaru_9612

今回ご紹介するのは、台北駅のすぐ近くにある行列が出来る人気店の青島飯糰(チンタオ・ファントゥアン)というお店です。

この飯糰のお店は、以前から日本人観光客にも知られた有名なお店なんですね。

ですから、日本人観光客もよく訪れる=日本人の口にも合う美味しい台湾式のおにぎりということになります。

飯糰の中に入ってる具の中には、日本人にはなじみのない台湾独特の食材も含まれていたりするので、口合わない人も結構いるようですから、そういった意味では安心しておすすめできるお店です。

青島飯糰とは?

b8b893eb-s

青島飯糰(チンタオ・ファントゥアン)は台北駅から徒歩5分圏内にあるお店で、早朝の6時からと比較的早い時間帯から営業をしています。

このお店は店舗型のお店ではなく、ビルの前で営業をしている非常に狭いスペースで営業をしている屋台になります。

屋台と言ってもその味は抜群に美味しく、台北市内では間違いなくトップ3にランクインするほどの味のレベルを持つ、本格派の
飯糰(ファントゥアン)の専門店です。

様々な具材を使ったメニューの品数が多く、定番の白米のおにぎりだけではなく、栄養価の高い紫米のおにぎりがとても美味しいと評判のお店です。

また、青島飯糰では紅茶や豆乳やミルクティーなどの台湾定番のドリンクも販売してるので、飯糰と一緒に購入してもよいでしょう。

ちなみに飯糰は固めのモチ米が使われているので、飲み物と一緒に摂取した方が食べやすいです。

IMG_masaru1180-compressor

お店までのアクセス

青島
飯糰までの行き方ですが、最寄り駅であるMRT台北駅の8番出口を出て歩道沿いに真っすぐ進むと警察署がありますので、写真の位置まで来たら、この警察署の前を左折して青島西路に入ってください。

警察署からお店までは徒歩一分の距離です。

場所が少し分かりづらいですが、青島西路沿いと警察署のすぐそばにあるという事を覚えておけば、まず迷うことはありません。

IMG_masru1163-compressor

すると、前方にこのような行列が出来ていますので、行けばすぐに分かるかと思います。

行列が出来る人気店ですから、人がいっぱいで結構待たされる場合もありますが、お客の回転率は速いので待ち時間はそんなに多くはないようです。


メニューとオーダーの仕方

155b0db7-s

メニュー表についてご説明しますと、

綜合=ミックス

海苔=のり

葱蛋=卵に葱が入った厚みが薄めの卵焼き

玉米=トウモロコシ

柴魚=鰹節

鮪魚=ツナ

となっていますので、こちらを参照にして頂いて、あらかじめ紙に注文したいものをメモをしておき、注文時に店員にみせて下さいね。

支払いは店員が要求して来たら払うようにするのですが、なるべくなら、小銭も用意しておいてすぐに支払えるようにしたほうがスマートなやり方です。

こういった行列が出来る屋台では、後ろに並んでいる人たちのことも考えて、迅速にスムースに注文のやりとりを行うのがマナーというもの。

それはなぜか言いますと、台湾のお店で注文時に日本人がよくやりがちな行動のせいで、台湾の人々が非常に迷惑をしているという事例があるからなんですね。

それについては別記事の
光復市場素食包子という記事にて詳細を書いていますので、一度お読みいただけたら幸いです。

その記事はコチラ→台湾の人々が迷惑だと感じる日本人の行動とは?


masaru6

それから、注文する時にご飯の色を紫か白にするかを聞かれますので、紫でしたら紫色、白だったら白色のご飯を指差してください。

もし、白と紫のミックスのご飯を希望するのであれば、紙に綜合(ミックスの意味)と書いて見せるか、メニューの綜合を指さして下さいね。

このお店のおススメは紫色のお米ですが、白米のおにぎりも甘みがあってふっくらしていて美味しいですよ。

masaru5

このお店は日本語、英語が全く通じませんので、中国語か指差しで注文することになります。

中国語が出来ない場合は欲しいものを指さして注文しましょう。

台湾には日本語が通じるお店がたくさんありますが、こういったローカルのお店はあまり日本語が通じません。

ですが、言葉が出来なくても指差しだけで充分に相手に伝わりますので、怯まずどんどんトライしてみて下さいね。

又はメモ帳とボールペンを持参して紙に書いて見せる方法もありますが、こちらの方が正確に伝わりますのでおすすめです。

masaru7

飯糰のお店は忙しいところだと決まって三人態勢で営業しているところがほとんどです。

言い換えれば3人態勢でやっているお店は忙しいお店=飯糰の人気のお店という一つのバロメーターになります。

飯糰の作り方や食材について

masaru8

おにぎりの作りかたです。

先ずは薄く引いたご飯の上に卵や刻んだ漬物などをのせていき、具材を全部乗せたら巻いて握ります。

ここで一つ、肉鬆(ロウソン)という台湾の食材について説明しておきますね。

肉鬆(ロウソン)とは別名肉ひげと呼ばれている肉のでんぶのことで、更に細かく説明しますと肉の繊維をほぐしてやわかくした「ふりかけ」のようなものです。

この肉鬆がかなりの曲者で、基本的には甘じょっぱいのですが、それ以上に甘みが強いんですね。

ですから、この肉鬆の甘さに参ってしまって食べれない人は数知れず、八角やパクチーと並んで、日本人が苦手な台湾の食べ物の一つなんです。

青島飯糰で使われている肉鬆は、さほど甘さはないので大丈夫だとは思うのですが、もし苦手な方は紙に不要肉鬆(口頭で伝える場合はブーヤオロウソン)と書いてお店の人に見せて下さい。

masaru9

飯糰の核となる油條(揚げパン)です。

ご飯の中に揚げパン?と思われるかもしれませんが、これがないと飯糰本来の美味しいサクサクとした食感がなくなってしまいます。

もし揚げパンを入れたくなかったら、注文する時に揚げパンを指差して、不要(ブーヤオ)と伝えるか、紙に不要油條と紙に書いて見せて下さい。

朝からボリュームたっぷりの飯糰が食べたい方は、揚げパンを入れることをおすすめします。

青島飯糰の油條(揚げパン)はサクサクとした食感で本当に美味しいんですよね。

ですので、管理人は必ず油條を入れるようにしています。

激ウマの台湾式おにぎり

masaru_1179

葱蛋肉髭飯糰・葱と卵のおにぎり 35元=約130円

数あるメニューの中からどれにしようかと迷った結果、一番無難そうな紫のお米と葱と卵のおにぎりを注文しました。

管理人は今まで白いお米の飯糰しか食べたことがなかったので、今回初めて紫色のお米の飯糰を食べてみましたが、率直な感想としては紫色のお米の方が甘みが強く、ふっくらとして、モチモチとした食感があって、こちらのおにぎりの方が美味しかったです。

それに、紫米には、ポリフェノール、ビタミンB、ビタミンE、リンやカルシウム等のミネラルを豊富に含み、栄養価も高く、滋養強壮作用と高い抗酸化作用があるので、健康的なのも嬉しいですよね。

ですから、もし同じ値段なら、紫米のおにぎりを注文した方がお得感があると思います。

ちなみに飯糰で使われているお米はモチ米が混ざっているので腹持ちがよく、なかなかお腹が空かないので、食費を抑える節約旅をされている方にはうってつけの朝ごはんです。

masaru11

中はこのようになっています。

管理人はこのまま豪快にかぶりついて食べちゃいます。

ご飯の中の卵は程よく塩味が効いて美味しく、揚げパンと刻んだ台湾の漬物がサクッとしてカリッとして二度おいしい食感が楽しめます。

これは本当に美味しいおにぎりでしたね!皆さんにも是非食べて頂きたいです!


まとめとして

masaru10

これまでの青島飯糰についてのポイントをまとめてみると、

①最寄り駅はMRTの台北駅で、出口は八番出口

②お店の場所は警察署のすぐそばで、青島西路沿いにある

③注文をする時はメニューをあらかじめ紙に書いておき、小銭も用意して、注文のやり取りをスムースに行うのがマナー

④白米のおにぎりなら白色のご飯を指さし、紫なら紫色のご飯を指さす。または紙に白飯、紫飯と書いて店員にみせる。ミックスを注文する場合は綜合と紙書いてみせる

青島飯糰は何と言っても白米より紫米のおにぎりが美味しくておすすめである

管理人はこれまでに台北市内の飯糰のお店に何軒か行ってみましが、青島飯糰の台湾式おにぎりは今まで食べた中では三本の指に入る美味しさでした。

皆さんも台湾の朝食に是非、名店の美味しい紫色の飯糰を召し上がってみてくださいね。

また、
青島飯糰のすぐ近くにはもう一件、飯糰の美味しい有名な飯糰霸(ファントゥアンバァ)というお店があります。

そのお店は白米のみのメニューしかないのですが、サイズは大きく、ご飯も絶妙な炊き具合で、とっても美味しいと評判の毎朝大行列が出来ているお店です。

青島飯糰が紫米の横綱なら、飯糰霸は白米の横綱と呼べるでしょう。

それぐらい美味しいおにぎり屋さんなので、皆さんこちらもチェックですよ!

ビッグサイズの白米の台湾式おにぎりが食べれるお店、
飯糰霸(ファントゥアンバァ)についてはこちらの記事を参照→激ウマ白米の台湾式おにぎりのお店、飯糰霸


以上、飯糰の美味しいお店、青島飯糰をご紹介させて頂きました。


青島飯糰について

営業時間

6:00~10:00

定休日

なし

住所

台北市中正區青島西路13號