IMG_0971-compressor

台湾の朝食は日本と比べてバリエーションも実に豊富です。

また、台北市内だけでも朝食を食べれるお店は数えきれないほどありますので、どこで何を食べればいいのかと迷ってしまうことがあります。

私はたまにガイドブックやネットの情報に頼らず、勘だけを頼りに飛び込みで入って試すことがありますが、そのほとんどがハズレで後悔してしまうことがほとんど。

そこで、その失敗を何度も経験している管理人が、台北市市内の数ある朝食店を食べ歩いた中で、皆さんに自信を持っておすすめしたいお店、「
世界豆漿大王を今回ご紹介させて頂きますね。




世界豆漿大王とは?

IMG_masaru0782-compressor

世界豆漿大王(シージェ・ドージャン・ダーワン)は日本のメディアやガイドブックでも度々取り上げられるほどの名店で、永和豆漿、四海豆漿大王と並んで、日本人観光客に人気の三大朝食店の1つであり、地元の人々にも大人気のお店です。

台北市内にあるチェーン店としてはごく少数規模のお店ですが、豊富なメニューがあり、何を食べても非常に美味しいと評判なんですよ!

お店の場所は、台北市内の地下鉄・MRTの雙連站(シュアンリェンジャン)から徒歩で約五分の閑静な住宅街にあり、近くには日本人観光客に人気のホテルや日本人向けのマッサージ店などが集中している中山地区にあります。

ここは有名店ということもあって地元の人だけではなく、日本人観光客にも知られているので、訪れるお客の半数が日本人という状態でした。

また、このお店は夕方から夜にかけても営業をしているので、夜間でも利用する事が出来るので非常に便利です。


世界豆漿大王の様子と注文の仕方など

IMG_0738-compressor

この人がお店の女性店主で、日本の旅行雑誌で取材を受けたことも多々ある名物お母さんです。

彼女は日本語が少し話せるので、日本語での注文が可能。

店に行くと日本語で気さくに声をかけてきますので、何か質問があれば遠慮なく聞いてくださいね。

外国で言葉が通じる事ほどありがたいことはありません。この店に日本人観光客が多く訪れる理由が納得できますね。


IMG_0741-compressor

このように日本語のメニューもあり、日本人観光客にとっては良心的なお店となっています。

日本語のメニューを見て食べたいものを決めて日本語で注文できるのでとても簡単ですよね。

ですので、海外旅行で初めて台湾に行く方や、言葉の壁でコミュニケーションが不安に感じる方にとっては非常に優しい「
初心者向け」のお店です。

IMG_0740-compressor

店頭に置いてある揚げたての揚げパン。

値段も手頃な価格でボリュームがあり、台湾朝食の定番中の定番です。

これを温かい豆漿・トウジャン(豆乳)に浸して食べると、揚げパンの油っこさが少なくなり、柔らかいまろやかさが溢れる優しい味の食感になってとっても美味しいですよ。

是非試してみて下さいね!


IMG_0739-compressor

壁にかけてあるメニューを見てみるとその数は実に豊富です。

ただ、味に自信のある大人気店なので他の朝食を食べれるお店より値段は若干高めです。


IMG_masaru0772-compressor

混雑するお店の割にはさほど広くはなく、こじんまりとした感じの店内です。

訪れた時は九時過ぎと遅めの時間帯にもかかわらず入店時は満席状態でした。

曜日にもよりますが、基本的に通勤や通学の時間帯である七時半から九時頃まではサラリーマンや学生を中心に多くの人々がやってくるため常に満席状態になるそうです。

素の時間帯は行列もできるため店内は非常に込むそうなので、待ちたくない方や混雑が苦手な方は、開店してまもない時間帯か、九時半過ぎの遅めの時間帯を狙って行くようにすればよいでしょう。


世界豆漿大王のおすすめメニュー・小籠湯包

IMG_0754-compressor


小籠湯包(ショウロンタンパオ) 8個入り 80元 =約300円

このお店の看板メニューと言っても過言ではない小籠湯包で、管理人イチオシのメニューです。

小籠湯包は呼び方が違うだけで実際は小籠包の事です。そして、小籠包より肉汁がたっぷりと含まれているとイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います。

この小籠湯包なんですが、リーズナブルな値段の割には本当に美味しく、まさに激ウマ!の一言に尽きるほど、そのお味は絶品なんですね。


大きめの小籠包は、皮を破ると溢れんばかりの透明感のある肉汁が出てきて、餡となる肉は柔らかくて、とってもジューシーであっさりとした味わいです。

世界豆漿大王の小籠包は名店と呼ばれる様々なお店と比較してみても、決して負けず劣らずの非常にハイレベルな小籠包です。

そして、飽きのこない味なので一度食べたら「病みつき」になることまちがいなし、食べた人は高確率でリピーターになっているそう。

誰でも知ってる有名なディンタイフォンとかで食べるより、半額以下の値段ですし、有名店にも勝るとも劣らない抜群の味の良さでとってもお得感がありますよ!

IMG_0764-compressor

小籠湯包を楽しみながら美味しく食べるコツは、

①皮を破ってまずは中のスープを味わってみる。

②次は何もつけずに丸ごと一個を口の中に入れて味わってみる

③タレをつけて味わってみる

④タレは付けずにつけ合わせのショウガと一緒に味わってみる

⑤タレをつけてショウガと一緒に味わってみる


というように、様々な食べ方で味わってみるのも面白味があっておすすめですよ!

注意点として、出来立ての小籠湯包は中身のスープが熱い為、少し冷ましてからでないと口の中を火傷してしまうので注意してくださいね。

IMG_0767-compressor

付け合わせのショウガをのせて食べると、あっさりとした風味になってよりおいしくなります。

是非試してみて下さいね!

IMG_0759-compressor

飯糰(ファントゥアン)・台湾式おにぎり 35元=約130円

台湾では飯糰(ファントァン)の専門店が沢山あるほど、台湾の人々も好んで食べている人気の朝食メニューです。

モチ米を使用しているため腹持ちがよく、アツアツのご飯はとても甘みがあって、中はフワフワの薄めの卵焼きや細い揚げパンが入っているほか、細かく刻んだ高菜の塩気がご飯とほどよくマッチしてとっても美味しい!

日本のおにぎりとは違って、具だくさん、米だくさんでボリューム満点なので、朝からガッツリ食べたい人は注文することをお勧めします。

これ一つでお腹がいっぱいになってしまうほど満足感が得られますよ!

出来立ての熱々は本当に美味しく、飯糰(ファントァン)も自信を持っておススメできる一品です!

IMG_0762-compressor


冷豆漿(ビントウジャン) 15元=約55円

台湾の朝食では最もポピュラーな飲み物で、豆漿とは日本で言う豆乳のようなものです。

さっぱりとして飲みやすく、サンドイッチやハンバーガーや揚げパンなどを食べる時は口の中がパサつくために、一緒に摂ると食べやすいのでおすすめです。

豆漿は冷たいか温かいか、甘くするか、普通にそのままかを聞かれますので、お好みで決めて下さいね


まとめとして


台北の人気の朝食店で日本人観光客も多く訪れる世界豆漿(シージエドージャンダーワン)をご紹介してきましたが、ここまでをまとめると、

①日本語メニューがあり、日本語が通用するので注文がしやすく、台湾初心者でも利用しやすい

②夕方から夜遅くにかけて営業しているので夜間でも利用できるので便利

③混雑や待つのが嫌な人は、開店してまもない時間帯か九時過ぎを狙って行くようにする。

④揚げパンと豆乳の組み合わせは最高、揚げパンは豆乳に浸して食べると食べやすいうえに美味しさがUP

⑤台湾の朝食で揚げパンや焼餅を食べるなら豆乳は絶対に欠かせないメニュー

⑥小籠湯包はこのお店の鉄板でイチオシメニュー、絶対に頼むべし!



以上、参考にして頂けたら幸いです。

また、世界豆漿大王と同じく、管理人が強力におすすすめした、美味しい朝食の数々が食べれる優良店があります。

そのお店は人気の観光地である迪化街(ディーホアジェ)からも近く、台北駅からも徒歩で10分ほどの好立地にお店を構えます。

李記豆漿というお店なんですが、そこも世界豆漿と同じくメニューの数々が激ウマで、行列が途絶えない人気店です。

台北市内で数多くの朝食店を食べ歩いてきた中では、世界豆漿大王とその李記豆漿の二店が最も美味しいと感じた優良店ですので、是非チェックしてみて下さいね。

台北の朝食優良店、李記豆漿についてはこちらの記事を参照→台北の朝食優良店、李記豆漿


世界豆漿大王について

営業時間

月曜から土曜日まで 

6:00~11:30
18:00~22:30

日曜日

6:00~11:30まで

TEL 02-2567-3115 日本語可

住所 台北市林森北路310-27

最寄り駅

MRT双連駅より徒歩5分