桃園国際空港を色々と探索してみた

IMG_8954-compressor

桃園国際空港に深夜に到着後、空港ロビーの座席に荷物を降ろして、しばらく休憩した後、夕食もまともに食べていなかったので、どこか食べれる場所を探すことも兼ねて、空港内を探索してみることにしました。

IMG_9080-compressor

SABUWAYやカフェなんかもありましたが、残念ながら閉店中でした。

やっぱり深夜の空港はどこも営業していないことの方が多いようです。

IMG_9071-compressor

飲食店以外でも両替所などもシャッター街状態になっています。

深夜の空港内の両替所は営業中の所と閉店中のところがありました。

IMG_9248-compressor

IMG_9056-compressor

今回訪れた時期は2月の中旬、台湾はちょうど旧正月中の時期でした。


IMG_9044-compressor

台湾の自販機です。

日本と同じくお札と硬貨の両方が使用できます。

深夜到着の場合、ほとんどの店が閉まっていますので、飲み物を購入したい場合にとても助かります。

IMG_8948-compressor


免税店です。

ここは24時間営業をしているみたいです。

IMG_9165-compressor

空港内に設置してあるパソコンです。

空港内はどこにいてもWIFIが使えるので全く問題がありません。また、空港にはコンセントもあるのでスマホ等の充電もできます。

台湾のコンセントの差込プラグは、ほぼ日本のものと同じ形状の為、変換プラグを持っていなくても、そのまま使用できます。

IMG_9075-compressor

空港内にはロッカーも完備されているので、深夜到着で空港で過ごす場合は有料になりますが、ロッカーを利用して荷物を預けたほうが安心して休むことができます。

私はロッカーを利用しなかったために、貴重品が気になり全く気が休まりませんでした。


特に海外を一人で旅するときは、荷物の管理を怠ると盗難の被害に遭う可能性も出てきますので、盗難防止のためにこういった設備を利用したほうがよいと思います。

IMG_9155-compressor

出入国ロビーから外に出てみました。

IMG_masaru9140-compressor


外に出るとそこはタクシー乗り場になっていました。

IMG_9147-compressor

タクシーの中国語の表記は計程車と書きます。

IMG_9143-compressor

タクシー乗り場の受付です。

台北市内までの料金を確認したところ、台北駅まで約1200元ぐらいで行けるそうです。

タクシーは割高ですが、台北市内の目的地までダイレクトで行ってくれるので、荷物が多くくて移動が大変な方にはタクシーの利用がおすすめです。


受付には若い女性の係員が待機していて、言葉のやりとりは英語で出来ます。中には日本語を少し話せる係りの人もいるみたいです。

IMG_9305-compressor

空港内を探索してみたところ、飲食店はほとんど営業しておらず、仕方なく出入国ロビーから下の階に降りたところにあるコンビニで何か買うことにしました。

台湾のコンビニも24時間営業でとても便利です。

IMG_9306-compressor

日本のコンビニでもお馴染みの台湾版おでんコーナーのようです。

味付けは少し漢方の風味があって、日本人には少しクセを感じるかもしれませんが、食べれないことはありません。

物によって値段は違いますが、大体一本10元~です。

IMG_9307-compressor

肉まんやフランクフルトです。

フランクフルトはそのまま食べてもよいのですが、パンコーナーにホットドッグ用のパンが売られているので、パンを一緒に買ってフランクフルトを挟んで食べるのが台湾流です。

ケチャップやマスタードも無料で置いてあります。

IMG_9310-compressor

日本のコンビニには置いていない、お水と醤油や砂糖など一緒に茶葉と漢方で煮込んだ煮卵です。

台湾では茶葉蛋という名で親しまれている食べ物です。


こちらも風味や香が独特で、日本人には馴染みのない食べ物なので少しクセを感じるかもしれませんが、台湾のオリジナル商品なので旅の話ネタとして食べてみるのも面白いかもしれません。


IMG_9312-compressor

スナック菓子のコーナーです。

台湾限定の物から日本で見かけるものまで様々なスナック菓子が売られています。

IMG_9314-compressor

ドリンクコーナーです。

台湾で親しまれている豆乳やお茶のペットボトル、水、コーラ、ポカリスエット等が販売されています。

台湾のペットボトルのお茶は砂糖入りで非常に甘いので、日本人は苦手に感じるかもしれません。

もしお茶を選ぶのであれば、水のペットボトルを購入した方が無難かと思います。

IMG_9316-compressor

お弁当コーナーです。

台湾のコンビニ弁当は日本より値段も安く、ボリュームもあり食べ応えがあります。

ガッツリ食べたい人にはコンビニ弁当はおすすめです。

IMG_9319-compressor

おにぎりコーナーです。

台湾のコンビニおにぎりも日本に負けず劣らず種類が豊富で、様々な味のおにぎりが楽しめます。

おにぎりの具の味付けは全体的に甘めでクセがあるので、こちらも日本人には好みが分かれるところです。


IMG_9172-compressor

朝の6時ごろにようやくSUBWAYが開店しました。

ここで早めの朝食を摂ります。

空港価格ということもあって少し高めの値段設定でした。

IMG_9176-compressor

SUBWAYのドリンクバーです。

IMG_9241-compressor

SUBWAYの近くにあるコーヒ―ショップです。

こちらのコーヒーも空港価格で高めの設定です。

アメリカンコーヒーが一杯80元~です。

IMG_9236-compressor

空港で過ごしてみて感じたことのまとめ


①荷物を持ったまま空港で休むと持ち物や貴重品の管理に神経を使い思うように休めない。
したがって、空港で休む場合は荷物はロッカーに預けて、必要最低限の貴重品だけを持つようにする。

②空港内は雑音があるし、照明ライトは非常に明るい為、睡眠をとるのは難しい。耳栓とアイマスクを用意しておいた方がよい。

③出入国ロビー内にある両替は深夜は営業していないところが多いので、なるべくならパスポートコントロールから荷物受け取りの場所の間にある両替所で両替を済ましておく。


④深夜は空港内の飲食店はほとんど営業していないので、飲食をしたい場合はコンビニを利用する。

深夜に空港に到着して、朝まで待機するのは何かと不便ですし、身体のコンディションにも悪影響を及ぼすので、あまり健全なことではありません。

繰り返しになりますが、飛行機の到着時間は、多少割高になっても、その日のうちに台北市内へ行けるように早めの時間帯で到着できるような航空券を買った方がよいと思います。