masaru_0490

皆さん、こんにちは~

今日はMRT信義淡水線の東門駅のすぐ近く、台北の原宿と呼ばれる永康街にやって来ました。

永康街は美味しいグルメの数々やショッピングが楽しめるエリアで、台北有数の人気の観光スポットのひとつでもあります。

そして本日の台湾グルメは、永康街でナンバーワンのB級グルメと言われる、激ウマの蔥抓餅を提供する超有名店をご紹介させて頂きますね。

とその前に、まずは永康街の様子をサクッとご案内しますのでご覧くださ~い!


永康街をサクッとご紹介

masaru_2226

永康街は直線距離にして500メートルほどの商業エリアで、通りには飲食店や日常雑貨店をはじめ、主に若者向けのオシャレなショップやカフェが建ち並んでいます。

土日の休日になると地元の人々や観光客も大勢訪れ、ショッピングやグルメを楽しんでいる姿が見受けられます。

永康街には有名なヘアサロンもいくつかあり、サロンでは女性観光客に人気の「台湾式シャンプー」の体験をする事が出来ます。


masaru_0557

この永康街は小籠包で有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)や焼き小籠包で有名な高記、台南発祥の名物グルメ、タンツー麺の名店、度正月など、台北トップレベルの台湾グルメが密集しているグルメスポットでもあります。

masaru_0529

また、鼎泰豊と並んで、永康街の人気グルメの二枚看板として君臨するのが、マンゴーかき氷で有名な思慕昔(スムージーハウス)です。

MRT東門駅の改札口から出口に向かうエスカレーター乗ると、両サイドの壁一面にこの思慕昔(スムージーハウス)のマンゴーかき氷の写真が貼られているので、もはや永康街=マンゴーかき氷のスムージーハウスという印象でしたね。

スムージーハウスは台北101などにも支店があり、永康街は本店になるようです。


masaru_0504

阿原(ユアン)

台湾発祥のハーバルケアブランドどして有名なお店。

日本でも支店があり、市場にも出回っているので、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

人気のユアンソープをはじめ、リラックス効果をコンセプトにしたスキンケア商品などを取り扱っているお店です。

店内には日本人女性観光客の姿もチラホラと見えました。


masaru_0473

永康街にあるバッグの専門店。

これはひと昔前に流行った3Dバッグですが、まだまだ人気があるようです。

これも台湾が発祥との事で、メイドイン台湾のブランドバッグです。

masaru_0524

キャラクター物の可愛らしい傘を販売していたお店。

永康街はどちらかというと女性をターゲットにしたお店が多いようです。

そういったところが台北の原宿と呼ばれる所以なのでしょうね。


永康街のナンバーワンB級グルメ店、天津蔥抓餅

masaru_2239

永康街の入り口から歩いて三分ほど歩くと、右手に見えてくるのが、この天津蔥抓餅(ティェンシンツォンジュアビン)です。

日本のメディアやガイドブックでも紹介されている、もはや媒体の常連のお店といっても過言ではない大繁盛店なんですね。

管理人もこのお店には何度も訪れているリピーターで、永康街に来たらこれは絶対食べて欲しいと思うおすすめのB級グルメです。


masaru_2281

いつもなら平均して十五分ほどの待ち時間があるのですが、この日は午前中の早めの時間帯ということもあり、並んでいる人は少なくすぐにゲットすることができました。

masaru_0534

これは以前来た時に撮影したものです。

この時は既に五十人ほどの列が出来て、二十分以上待ちました。

天津蔥抓餅はそれだけ人気があるということなんですよね。


masaru_2252

葱抓餅は何重にも生地の層が出来ており、さらに焼く時にヘラの尖った部分を利用し、つつくようにして中に空気を入れフワフワにするのが特徴で、あらかじめ焼いている生地をオーダーが入るごとにもう一度鉄板で温めます。

似たようなものに葱油餅がありますが、それはタップリの油で揚げ調理法で作られています。

葱抓餅も葱油餅も小腹が空いたときに手軽に食べられる代表的な小吃(シャオチー)です。


masaru_2247

店頭には日本語メニューもありますので、注文はとっても簡単です。

この中から食べたいものを選び番号で伝えればよいでしょう。

ちなみにこのお店の店員は、ほぼ日本語不可のようです。

masaru_2243

休日等の忙しい時は店頭にも一人スタッフが立っているので、そのスタッフの目の前で日本語メニューを指さして伝えれば間違うことはまずありません。

管理人は以前、オーダーしたものと違ったものを渡されたことがあるので、店頭にスタッフがいる時は必ずその人の目の前で指を差して確実に伝えるようにしています。

スタッフがいない場合でも番号を二回、三回繰り返して伝えるようにしたほうがよいでしょう。


masaru_2259

この日は並んでおよそ五分ほどでゲットできました。

並んですぐ食べれるケースは非常に稀なので、この日は本当にラッキーでした。


激ウマの蔥抓餅

masaru_2274

今回注文したのは番号が六番の總匯(ゾンフェイ)→ ミックス。一つ50元=約180円

卵にチーズにハムに台湾ハーブがタップリ入った蔥抓餅です。

これが本当に激ウマで、管理人的には六番の總匯(ゾンフェイ)・ミックスをおすすめしたいのですが、台湾ハーブは香もきつく、風味も独特なので好みが分かれると思いますので、ハーブが苦手な方は八番の玉米起司(ユーミーチースーダン)と書かれたコーンとチーズと卵が入ったものをおすすめします。

玉米起司蛋餅は生地の中に熱々のチーズとコーンと柔らかい薄い玉子焼きがタップリと入ってたものです。

他におすすめできるのは五番の起司加蛋(チースーチャータン)もアリだと思います。

このお店の蔥抓餅はチーズ入りが本当に美味しいので、苦手ではない限り、チーズは必ず入れることを強く推奨します。

masaru_2267

蔥抓餅の生地は油っこさは控えめで、強めの塩味とコクのある甘みでしっかりとした味が付いています。

ヘラを使った職人技で生地をつつきながら空気を入れていくので、生地はフワフワでモチっとした非常にハイレベルな食感です。

卵焼きとハムの塩気に生地の甘み、そして濃厚なコクのあるチーズがトロ~リと絡み、極めつけに台湾ハーブの独特の香と風味がアクセントとなった、他では味わうことが出来ない、正に絶品とも言えるB級グルメです。


台北激ウマ蔥抓餅のお店をランキング形式でご紹介

masaru_2239

当サイトでもこれまでに美味しい蔥抓餅を厳選していくつか紹介してきました。

そこでランキング形式で再度おススメの蔥抓餅のTOP・3をご紹介させて頂きますね。


ランキング・第3位

IMG_masaru1024-compressor

黃福龍脆皮蔥油餅

台北駅から徒歩五分ほどの立地にある華陰街という雑貨の問屋街にある屋台です。

ここは葱油餅で揚げるタイプですが、サイズがとっても大きく食べ応えも充分なB級グルメです。

台北駅界隈では間違いなくナンバーワンの葱油餅のお店です。

詳しくはこちらの記事を参照→ 黃福龍脆皮蔥油餅



ランキング・第2位

masaru_7447

艋舺夜市蔥抓餅

人気の観光スポット龍山寺のすぐそば、艋舺夜市の入り口付近にあって、大行列が出来る人気の屋台です。

蔥抓餅はサイズは小ぶりながらもトータル的にみて非常にレベルの高い味と食感です。

詳細についてはこちらの記事を参照→艋舺夜市蔥抓餅



ランキング・第1位

masaru_2249

天津蔥抓餅

栄えある第一位は今回ご紹介した永康街の天津蔥抓餅です。

上記の二店も含めて、台湾全土の美味しい評判の蔥抓餅や葱油餅を食べ歩いた管理人が自信を持って太鼓判を押す絶品の蔥抓餅。

台北のみならず台湾全土の蔥抓餅の中でも他の追随を許さない圧倒的な美味しさです。

管理人が皆さんにおすすめしたい、台北に来たら絶対に味わってほしい台湾グルメとして、TOP10のランキング入りを果たす必食のB級グルメです。


まとめ

masaru_2273

永康街の超有名店、天津蔥抓餅をご紹介してきましたが、ここはガイドブックや様々なサイトでも紹介されているほどの大人気店です。

特に初めて台北旅行に行かれる方は絶対に食べて頂きたい台湾グルメです。

管理人は初めてここの蔥抓餅を食べたのがきっかけで、ますます台湾グルメの魅力にのめり込んでいきました。

それほど自信を持っておススメできるB級グルメなので、永康街を観光する際は是非とも立ち寄って頂いて、この激ウマの蔥抓餅を味わってみて下さいね。

以上、永康街の人気ナンバーワンB級グルメが味わえるお店、天津蔥抓餅をご紹介させて頂きました。


ここまでお読み頂きありがとうございました。




天津蔥抓餅について


営業時間

9:00~22:00


住所

台北市大安區永康街6巷1號