masaru_9959

皆さん、こんにちは~

本日はまたまた淡水までやってきました。

今回は淡水のバスターミナルからバスに乗って、淡水発、海岸線沿いのおすすめできそうな観光スポットをいくつか周ってみました。

淡水から海岸線沿いの観光スポットを周ると丸一日の時間を費やす為、朝早くの出発となってしまいますので、出発前に腹ごしらえとして、先ずは朝食を摂ることにします。

地方を丸一日かけて観光すると中々食事を摂れないことがあるので、ここはモチ米を使った腹持ちのよい台湾式おにぎり、飯糰(ファントゥアン)に決めました。

今回、ご紹介する台湾グルメは、淡水駅前の市場通りで偶然発見した、台湾式おにぎり、飯糰(ファントゥアン)のお店です

これが本当に美味しかったので、そのお店の情報をシェアさせて頂きますね。

また後半では、淡水からバスに乗って行く海岸線沿いのおすすめ観光スポットもいくつか紹介していますので、是非ご覧ください。


沈家養生素食

masaru_9962

MRT淡水駅を出たら、目の前の中正東路という大通りを渡り、英専路という街路に入ります。

英専路を含めたこの周辺は早朝に朝市を開催しているので、通りは行き交う人々で賑わいをみせています。

masaru_0697

その英専路を三分ほど歩くと左手に素食と書かれた屋台が見えてきます。

その屋台が今回ご紹介する朝食グルメ、沈家養生素食です。

masaru_0699

素食とは肉や魚を一切使わないベジタリアンメニューの事です。

ですので、台湾の街中を歩いているとよく素食と書かれた看板を目にしますが、それはベジタリアンメニューを扱うお店だと理解して頂いて構いません。

注文の仕方は至ってシンプル、このメニューを指さして注文するだけなので簡単です。

このお店の店員さんは小奇麗で愛嬌のある気さくなオバサンでした。

ベジタリアンおにぎりの味

masaru_0702

紫米素飯糰 40元

アツアツでサイズは大きめでボリュームたっぷりのおにぎり。

これが本当に美味しくておすすめなんですよ~

中は野菜を乾燥させた粉末が入っている他、大粒のコーンがたっぷり入った、素食=ベジタリアンのおにぎりです。

また、飯糰のメインとも言える油條(揚げパン)はフカフカのサクサクで、これまでにない美味しさでした。

masaru_9968

とっても美味しかったので、もう一つ購入してしまいました(笑)

いつもは卵入りやツナ、豚肉入りなどの飯糰を好んで食べる管理人。

今回初めてベジタリアンメニューの台湾式おにぎりを食べてみましたが、これもなかなかイケますね。

紫飯のプチプチとした食感と甘み、揚げパンのライトなサクサク感+大粒のコーンの甘みと野菜の粉末の滋味深い味が合わさったベジタリアンのおにぎり。

初物の台湾式おにぎりとして試してみる価値は充分にありますよ。

masaru_9966

ラップにくるまれていますし、ビニール袋に入れてもらえるので、お昼用としてもう一つ購入しました。

あとはコンビニで水を買い込んで準備万端、

淡水から日帰りで行ける海岸線沿いの観光スポット巡りが始まります。

淡水発海岸線沿い観光スポット巡りの旅へ

masaru_9974

MRT淡水駅にバスターミナルはありますが、道路を挟んだ迎え側にもバス乗り場があります。

ここから出ているのは基隆野柳行き方面のバスを含めた、たくさんの路線が出ています。

基隆は漁港がある土地柄から海鮮料理が有名な他、市内には士林夜市に匹敵するほどの大きな夜市があることでも知られています。

野柳は海に面した巨大な海洋公園で、園内には有名なクイーンズヘッドをはじめ、長い年月をかけて、荒波によって削られた奇岩の数々が見られる人気の観光スポットです。

おすすめの観光スポットをご案内

masaru_9989

白砂湾海水浴場

台北から一番近い距離にある海水浴場です。

サーフィンやボディーボード、パラセイリングなどのアクティビティも楽しめるビーチです。

台湾は台湾八景にも選ばれた清水断崖をはじめとする東部の海が綺麗ですが、台北エリアではここが最も透明度があって、ブルー色の綺麗な海が望めます。

行き方は淡水のバス停から862番、863番、865番、867番などの路線バスに乗り北観風景區で下車、そこから徒歩5分でビーチに到着。

淡水からはバスでおよそ30分ほどで着きます。

masaru_0115

石門婚沙廣場

台湾の有名人やモデルがタキシードやウエディングドレスに身を包み、CMや雑誌等の商業的な目的で撮影を行う広場だそうです。

運がよければ新郎新婦の恰好をしたモデルや有名人の撮影風景を見れるかもしれませんよ(笑)

180度、見渡す限りの綺麗な海と絶景が望めるポイントとしておすすめの観光スポットです。

アクセスは862番のバスに乗り、新十八王公駅下車すぐ。

masaru_0161

富基漁港観光漁市

館内は市場になっており、新鮮な魚介類を購入することができます。

また、併設しているレストランで、購入した魚介類を調理してくれるサービスがあり、その新鮮な魚介類を食べることも出来ます。

一つ注意しなければいけない事は、外国人観光客は足許を見られている為、言い値で買うと高額な料金で買わされる羽目になるので、ボられないためにもギリギリまで値段を下げるように交渉した方がよいでしょう。

アクセスが不便な為、ここを訪れる観光客は少ないのですが、活気あふれる巨大市場は見る価値アリです。

漁港市場まではバスは通っていないので、バスで行く場合は新十八王公駅で下車、そこから徒歩で20分ぐらいかかります。

徒歩だと少し遠いので途中でタクシーを拾って行くのがベター

masaru_0192

富貴角灯塔

台湾最北端の場所にある灯台です。

敷地内には灯台と記念碑ぐらいしかありませんが、そこから見ることの出来る海と景色の眺めは最高ですよ。

漁港市場から自然遊歩道を通り、徒歩で十五分ほどの距離です。

masau_0251

老梅緑石槽

三月から五月いっぱいぐらいまでの期間限定で見ることが出来る海岸の珍しい景観。

岩場に緑の藻がびっちりと生え、岩と岩の隙間からは海水の波打つしぶきを見ることが出来ます。

満ち潮だとよく見ることが出来ないので、引き潮の時間帯に見るのがおすすめです。

この日訪れたのは午後三時過ぎでしたが、運よく引き潮だったのでバッチリと見ることが出来ました。

富貴角灯塔から自然遊歩道を通り、徒歩で十五分ほどの距離です。

masaru_0301

粽=ちまき

海岸線沿いの観光スポットがあるこのエリア一帯には「ちまき」を販売するお店がたくさんあります。

ここらの名物料理のようで、一つ十五元ほどの格安で購入することが出来ます。

ちなみに有名なお店は、先ほど紹介した石門婚沙廣場の目の前にある劉家肉粽富基という専門店で、ここは大勢の観光客が訪れる人気店となっています。

masaru_0342

石門洞

海の力によって造られた風景が素敵な観光スポット。

岩には期間限定で緑色の藻が生え、青々とした見応えのある風景を望めます。

入り口には大きな石の門があり、両サイドに設置された階段を昇って門の頂上に行くことが出来ます。

門の頂上から眺める景色は一見の価値ありです。

masaru_0866

珊瑚貝殻廟・富福頂山寺

何百年も昔、当時の住職さんが枕元に立った神様から夢のお告げを聞いたのをきっかけに、長い年月をかけてお寺に珊瑚や貝殻を装飾、現在に至るという、不思議珍百景のようなお寺です。

以前、クレイジージャーニーという番組の放送で、この珊瑚貝殻廟が紹介されているのを観てから絶対に行きたいと思っていました。

お寺の境内の奥には30メートルほどの入り組んだ通路があるのですが、その通路の中も埋め尽くされるようにびっしりと珊瑚や貝殻の装飾が施されています。

本当に見事というしかない不思議な光景の数々に管理人は唯々唖然とするばかりでしたね。

また、訪れたのがちょうどお昼過ぎだったのですが、入り口の広場ではお寺から参拝者にお昼ご飯が振る舞われていて、何故か管理人もご馳走を頂けることになりました。

富福寺の皆さん、美味しいお蕎麦を有り難うございました(笑)

アクセスは淡水から821番853番などの路線に乗り、三芝駅で下車、そこからタクシーをチャーターして行きます。

タクシーで三芝から珊瑚貝殻廟までは二十分ぐらい、料金は500元=1800円ほど、参拝中は運転手に待ってもらうようにお願いすれば三十分ほど外で待ってくれます。

まとめとして

masaru_0314

淡水からバスで行ける範囲のおすすめ観光スポットをご紹介させて頂きましたが、これらを全部周るとなると、移動時間も含めて丸一日かかってしまうので、この観光スポット巡りをされる方は時間に余裕を持って行くようにして下さい。

まとめとして

短期の観光ではどうしても定番コースの九份や、龍山寺などの台北市内の観光に限定されてしまいがちですが、台北周辺には魅力的なのに、まだまだ認知度が低い観光スポットがたくさんあります。

時間に余裕があれば、九份などの定番コースだけではなく、新しい台湾の観光資源を発見する観光スポット巡りをしてみてはいかがでしょうか?

以上、淡水の美味しい台湾式おにぎりのお店、沈家養生素食淡水発海岸線沿い観光スポット巡りについてご紹介させて頂きました。


沈家養生素食について

アクセス

淡水駅前の英専路を入り、英専路の入り口から徒歩で約三分です。