masaru_2296

皆さん、こんにちは~

台湾では様々な種類の朝食がありますが、代表的な台湾の朝ごはんと言えば鹹豆漿(シェントウジャン)=塩味の豆乳スープが有名です。

今朝は久しぶりに美味しい鹹豆漿と朝食メニューの数々を食べたので、そのお店について情報をシェアしたいと思います。

また、台北には個人で経営している朝食専門店やチェーン店がたくさんありますが、日本のガイドブックでも紹介されている人気のお店もいくつかあります。

先ずはそのガイドブックでも紹介されている有名な人気店の朝食専門店のみをピックアップして、お店の特徴などをご紹介していきますね。


台北の人気朝食店のお店をピックアップ


masaru_2070

永和豆漿大王(ヨンへ・ドウジャンダーワン)

台北市内にある朝食専門店のチェーン店の中では最も多くの店舗数を誇るお店です。

但し、店の名前が同じでも系列が違っていたり、メニューの内容や価格も違っていたりしますし、店によっても味に当りはずれの差が大きいようです。

永和豆漿大王で一番評価が高い人気店は、MRT淡水信義線・大安駅から徒歩で五分ほど歩いたところにある店舗です。

ここは24時間営業のお店で、おぼろ豆腐が入った塩味の鹹豆漿が美味しいのでおすすめですよ。

日本語メニューも用意されているので注文が簡単なのも嬉しいですね。

ただ、一つデメリットを挙げるならアクセスがよくないことでしょうか。

大安駅周辺で宿泊する人にとっては便利かもしれませんが、その他のエリアに滞在する人はMRTを利用しなければならないなど、アクセスに少し不便さを感じます。


四海豆漿大王(ス―ハイドウジャンダーワン)

朝食専門店のチェーン店としては中堅クラスの規模。

しかし、ここも同じく、お店は独自で経営している店舗やメニューの内容や価格についても店舗によって異なっています。

四海豆漿大王もお店によって味にバラつきがあり、美味しいお店から不味いお店まで評価が著しく分かれています。

一番評価が高いのは台北駅から徒歩五分、民権西路沿いに店舗を構える民権西路店です。

ここは早朝から大行列が出来ている繁盛店で、日本のガイドブックとかでもこの民権西路店が紹介されてます。

片言の日本語を話せるスタッフが常勤、日本語メニューも用意されています。


世界豆漿大王(シージェドウジャンダーワン)

チェーン店の中では最も店舗数が少ない台北の朝食専門店です。

しかしながら、その朝食メニューの数々はどれも味がよいと評判のお店で、一番人気のお店はMRT雙連站から徒歩五分ほど歩いた場所の店舗です。

おすすめは何と言っても小籠湯包です。

日本語メニューも用意されていますし、日本語が話せるお母さんが経営しているお店なので、日本語での注文も可能です。


阜杭豆漿(フーハンドウジャン)

言わずもがな朝食の超有名店で、台北でナンバーワンの朝食と言ったらこのお店です。

全てのメニューが他店を圧倒する美味しさ、特に鹹豆漿は非常にハイレベルな味わいで、おそらく、ここの鹹豆漿を上回るお店は台湾全土を探しても見つからないと思います。

日本語を話すスタッフも常勤していますし、日本語メニューもあるので注文は楽ちんです。

ただ、大行列が途絶えないので、並んでから注文できるまでの待ち時間が以上に長いというデメリットもあります。

李記豆漿・注文の仕方

masaru_2067

こちらが今回ご紹介する美味しい朝食専門店、李記豆漿(リィズィトウジャン)です。

ここはチェーン店ではない個人経営の朝食専門店で、オープンしてからまだ日が浅い新しいお店です。

先程ご紹介した朝食有名店に比べたら知名度は全くありませんが、味について言えばそれらの有名店に勝るとも劣らない、美味しい味の朝食が味わえるお店として、個人的に推薦したいお店です。

アクセスもよく、台北駅やMRT中山駅から共に徒歩で約十分の距離、お店から15分ほど歩けば、人気の観光地の迪化街(ディーホアジエ)があります。

ですので、少し遅めの時間帯に利用すれば、朝食後にそのまま迪化街の観光だって楽しめちゃうんですよ~!。masaru_1970

開店と同時に行列が出来る李記豆漿は管理人が朝の散歩中に偶然見つけたお店です。

台北駅から迪化街に向かおうと民権西路沿いを歩いていたら、歩道をまたぐように行列が出来ていたので、直感でもしや?と思い、迷わず列に並んでみました。

masaru_1975

先程紹介した名店ほどの人気ぶりはありませんが、それでも人の列が途切れることがない中々の繁盛店なんです。

masaru_2052

店頭で販売されている饅頭(マントウ)です。

通常の白い饅頭と黒糖入りの饅頭があり、生地はフカフカとした食感で甘みがあってとっても美味しいんですよ。

軽めに済ませたい人はこの饅頭+豆乳のシンプルな組み合わせメニューだけでもOKです。

masaru_2054

店頭には揚げたての包子や焼きたての葡萄餅(プゥータオピン)が並べられています。

このいい匂いを嗅いでしまうと早くも食欲増進、食べるのが待ちきれません(笑)

masaru_1979

蛋餅や台湾式おにぎり、焼餅、鹹豆漿、饅頭、包子等々、メニューも豊富にあります。

豆乳やミルクティ∸や紅茶などのドリンクメニューも充実しています。

masaru_2046

まだ新しいお店なので厨房や店内は清潔感はとても感じられます。

店内の席は15人ほどしか座れない狭いスペースなのですが、このお店に来るほとんどのお客さんはテイクアウトをするので、店内はいつ行っても空いていることが多いです。

混雑している名店の店内に比べたら、とても落ち着ける雰囲気のお店です。

masaru_2053

注文の仕方はこちらのカウンター越しで行います。

ここは日本人観光客は全く訪れない、超ローカル店ですので、店員は全員、英語や日本語は話せません。

ですので、このお店を利用する場合は中国語で伝えるか、紙に書く筆談で注文を行います。

日本語メニューを希望する場合は紙にこのフレーズ、有日文菜單嗎?→日本語のメニューはありますか?と書いて店員に見せて下さいね。

メニューをもらったら、それをみながら指を差して注文をするか、もしくは入り口店頭に置いてある注文票に食べたいものと数量を記入して渡すようにすれば大丈夫です。

身振り手振りの対応でしたが、店員さん達も感じがよくて親切丁寧に対応してくれますので、初めての方や言葉の壁が苦手に感じる方でも安心して利用できます。

注文の手順

①店内で食べるなら内用(ネイヨン)、テイクアウトをするなら外帯(ワイタイ)と口頭で伝えるか紙に書く。

②食べたいメニューを紙に書いてみせるか、店頭に置いてある注文票に書いて渡す。

③注文を伝えたら先にお会計をする。

④店内で食べる場合、注文をしたものは店員が席まで運んでくれるので、お会計が済んだら空いている席のどこでもよいので座って待つ。

以上の手順に従って注文を進めて下さいね。

激ウマ鹹豆漿の味

masaru_9987

鹹豆漿(シェントウジャン) 25元=約90円

管理人おすすめ、李記豆漿の鹹豆漿です。

どの有名店よりも値段は安く、ボリュームもさほど変わらないお得感のある鹹豆漿です。

出来たてのアツアツなので、蓮華ですくって少し冷ましてから飲むとよいでしょう。

masaru_9992

鹹豆漿(シェンドウジャン)油條(揚げパン)を細かくちぎられたものが入っています。

スープは塩味がよく効いており、おぼろ豆腐はまろやかさがたっぷりのクリーミーな味わいで、隠し味として後から辣油(ラーユ)のピリ辛さがほんの少しジワーッと効いてくるので、それが何と言えない美味しさのアクセントになっています。

全体的に優しい味でサッパリとしてますし、日本人の口にも合う味だと思います。

さすがに阜杭豆漿のハイレベルな鹹豆漿の味には敵いませんが、永和豆漿大王の鹹豆漿とは拮抗したレベル、四海豆漿大王の豆漿よりは美味しいと思った李記豆漿の鹹豆漿でした。

四海豆漿の鹹豆漿は酸味が強すぎて、管理人的にはそれほど美味しいとは思いませんでした。

その他のメニューをご紹介


masaru_9982

肉包(ロウパオ)・肉まん 20元=約75円

定番の肉まん。

小腹が空いたときだけではなく、朝食にも最適な肉まんです。

masaru_9995

サイズはそれほど大きくはありませんが、餡を包みこむ蒸しパンはふっくらとして甘みが強く、中身の豚肉の餡はサッパリとした塩味で風味もよく、バランスのとれた王道の肉まんで、日本人好みの味です。

masaru_1289

火腿蛋餅(ホートェタンビン) 25元=約90円

台湾定番の朝食の一つ、蛋餅(タンビン)です。

蛋餅とはクレープのような皮に溶き卵を流し込んで作った生地に、ハムやベーコンやチーズ等の食材を包んで焼き上げたものです。

火腿(ホートェ)とはハムの事で、今回注文したのはハム入りの蛋餅で、甘みのある薄く柔らかい生地にハムの塩気がマッチしたとっても美味しい蛋餅です。

その他のメニューのご説明をいたしますと、

起士(チィスゥ)=チーズ 熱々の蛋餅の中で溶けたチーズがトロ~リとして激ウマ

原味(イェアンウェイ)=オリジナルフレーバー 蛋餅本来の味を食べたいならコレ

玉米(ユゥミイィ)=コーン トウモロコシの甘みとプチプチな食感がたまらない一品


となっていますので、是非参照にして下さいね。

masaru_1986

菜包(ツァイパオ)=野菜まん 20元=約75円 上海生煎包 15元=約60円

李記豆漿は小吃メニューがとっても充実しています。

こういった小吃は小さめのサイズなので、色んなものを試せるのが嬉しいですね。

masaru_1996

上海生煎包は大きめの焼き小籠包のことです。

皮の底は焼き目がついているのでカリッとしいますし、表面の皮はモチっとした食感なので二度美味しい歯触りが楽しめます。

豚肉の餡も濃いめの塩味でジューシーで美味、中には少量のスープも入っています。

masaru_2007

菜包・野菜まんはとっても具だくさん。

醤油やごま油で味付けされた様々な野菜がギッシリと詰まっています。

ふっくらとして甘みのある蒸しパンとシャキシャキとした野菜の食感が何とも言えない美味しさです。

masaru_2036

飯糰・台湾式おにぎり 30元=約110円

このお店には飯糰(ファントゥアン)もあります。

サイズも大きめで食べ応えある台湾式おにぎりです。

masaru_2042

飯糰の中にはロウソンと呼ばれる豚肉のでんぶ(ふりかけ)がたっぷり入っています。

このロウソンは通称肉髭と呼ばれて甘じょっぱい味なので、日本人の口に合わない可能性があります。

特にこのお店の飯糰に使われているロウソンは甘みが強いのでNGを出す人が多いかもしれません。

masaru_1982

豆漿・ドウジャン=豆乳 20元=約70円

台湾で朝食を食べるなら欠かさず頼みたい豆乳です。

天然の甘みでスッキリとした美味しさ。

温かいのと冷たいのがあって、今回はこちらの冰(ビン)冷たいのを注文しました。

李記豆漿にはその他にも目白押しのメニューがたくさんあります。


写真はありませんが、焼餅(シャービン)小籠湯包(シャオロンタンパオ)も激ウマなので、是非とも注文してみてくださいね。

特に李記豆漿の焼餅は非常にハイレベルで、四海豆漿永和豆漿の焼餅よりも味のレベルは上だと思いました。

感想やまとめ

masaru_1987

今回ご紹介させて頂いたこちらの李記豆漿(リィズィトウジャン)

個人経営のお店ながら、有名店にも決して引けを取らない、レベルの高い朝食の数々に少々面食らってしまった管理人。

まだ表に知られていないだけで、飛び込みで入ってみたら、味のよいグルメを味わえるというのは台湾ではよくあることなんです。

台湾人は食に対する意識が高い美食家が多く、台湾は面積あたりの飲食店の立地件数が世界最多だそうです。

それに台湾は外食文化なので、飲食業界の競争は日本以上に激しく、美味しいものを作らないと、どんどん淘汰されてしまう現状があるようです。

李記豆漿もそんな台湾の飲食業界の事情が産んだ、穴場的な実力派のお店といったところですね。

その他にも管理人が強力に推薦したい朝食の優良店がありますので、よろしければそちらも一度チェックして見て下さいね。

そこは世界豆漿(シージェドウジャンダーワン)というお店で、小籠包がリーズナブルで激ウマなんですね。

もちろん、その他のメニューも豊富な品ぞろえで、何を食べても美味しいと評判のお店なんですよ~!

分かりやすい日本語メニューもあり、日本語が話せるお母さんが経営しているので、言葉に不安を覚える方や初めての人でも安心して利用できる優良店です。

気になった方はこちらの記事をチェック!→もうひとつの激ウマ店、世界豆漿大王


masaru_1296

有名店の四海豆漿や永和豆漿などのデメリットとは?

①狭い店内で人がいっぱいのギュウギュウ詰めの騒々しさの中で食べることになる。

②他の人と必ず相席になるし、後ろで席が空くのを待っている人の存在を気にしながら、早く食べなければいけない雰囲気があるので、ゆっくりと朝食を食べることはまず無理である。

阜杭豆漿のデメリット

①長い待ち時間を強いられる、時間帯によっては一時間以上待ちは当たり前。

②人が多すぎて騒々しいのでゆっくり落ち着いて朝食を食べることが出来ない。


有名店にない李記豆漿の最大のメリットとは?

①李記豆漿はテイクアウトの比率が高く、店内はそこまで混雑しない。

②待ち時間がほとんどなく、並んでから注文までが早い。

③ゆったりとした落ち着きのある店内でのんびりと朝食を食べることができる。

以上の事から、李記豆漿は待ち時間がほとんどない状態で注文することができて、名店の味とあまり差はない美味しさの朝食を、店内でゆっくりと落ち着いて食べることができるのが最大のメリットと言えます。

まとめとして

日本人観光客にほとんど知られていない李記豆漿は、まだまだ開拓されていない穴場的なお店の一つです。

興味を持たれた方は一度足を運んで頂いて、落ち着いた雰囲気の中で美味しい朝食を味わってみてはいかがでしょうか?

特に鹹豆漿はコスパも味もよい一番のおすすめのメニューです。

以上、長安西路沿いにある鹹豆漿と朝食メニューが美味しいお店、李記豆漿をご紹介させて頂きました。


李記豆漿について

アクセス

台北駅から徒歩で約10分

長安西路を迪化街方面へ向けて真っすぐ進んだ長安西路沿いにあります


営業時間

6:00~13:00

定休日

月曜日

住所

台北市大同區長安西路292號



各お店のアクセスについて


永和豆漿大王(大安店)

営業時間

24時間営業

日曜日のみ0:00~12:00

住所

台北市大安區復興南路二段102號


四海豆漿大王(民権西路店)

営業時間

6:00~21:00頃まで

住所
台北市大同區長安西路29號


世界豆漿大王(雙連店)

定休日 月曜日

営業時間 

6:00~11:30・18:00~21:30

住所 

台北市中山區林森北路310巷27號


阜杭豆漿

定休日 

月曜日

営業時間 

5:30~12:30

住所 台北市中正區忠孝東路一段108號