皆さん、こんにちは~

今日は台北駅から西門駅の間にある、桃源街という所へ美味しい麺料理を食べにやって来ました。

台湾の麺で代表的な物と言えばタンツー麺や牛肉麺が挙げられますが、今回はそれらの麺が飽きてしまった人や、もっと台湾の珍しい麺を食べてみたいという人の為に、変わり種の麺料理をご紹介させて頂きます。

そこは路地裏の隠れた名店とも呼ばれる麺料理のお店なんですよ。

桃源街とは?


台北駅から西門に向かう途中の桃源街という通りには、肉まんや野菜まん、牛肉麺、ワンタン、ルーローファンなどのお店が軒を連ねる、通称小吃通りというエリアがあります。

ちなみに小吃とは手軽に食べれる料理のことで、小腹が空いたときに食べる意味合いを持つ言葉です。

この小吃通りには味に定評のあるお店が多く、観光客にはあまり知られていないレアなB級グルメスポットとも言えます。

今日はその桃源街、通称小吃通りの路地裏にあり、食事時になると行列が出来て繁盛する、人気の麺料理店をご紹介させて頂きます。

路地裏の名店・龍記搶鍋麵

masaru_8481

桃源街を一歩裏手に入ると、どこか庶民的な風情が感じられる路地裏に入ります。

そこをさらに奥に進むと、思わず足を踏み入れるのを躊躇してしまうような薄暗いディープな雰囲気のある場所に出ます。


masaru_8483

そのディープな場所にお店を構えているのが、こちらの龍記搶鍋麵です。

場所が入り組んだ路地裏にあるので、正に隠れた名店と言えますね。


masaru_8482

道路を挟んだ迎え側にはこのお店の厨房があります。

調理風景を見学することが出来ますが、邪魔にならないよう気を付けましょう。


masaru_8511

これをざっと見る限り、このお店は中国大陸北方の地の伝統的な麺料理のようです。

masaru_8488

店内の様子です。

路地裏らしかぬお店の店内は綺麗で清潔感があり、席と席の間も程よい間隔が空いているので、全体的に広々としているように感じます。

入店したら店員さんにまずは内用(ネイヨン・店内で食べるの意)と伝えます。

店内で食べることを伝えたら、次に訪れた人数について伝えます。

一人だけなら一位(イーウェイ)

二人なら兩位(リャンウェイ)

三人なら三位(サンウェイ)と伝えてください。

そうすると店員が席に案内してくれます。


masaru_8493

メニューは肉絲麺と芙蓉麺の二種類のみ。

肉絲麺(ロースーミェン)はチンジャオロースのような細切りの肉入り麺

芙蓉麺(フーロンミェン)は肉のそぼろ入りの麺の事です。

どちらも大、小、同じ価格です。

オーダーの仕方は食べたいものとサイズを紙に書いて店員さんに見せて下さい。

口頭でサイズを伝える場合は、大はダァ、小はシャオと言いますので覚えておいて下さいね。

また、食べ終わってお会計をする時は、結帳(チェイザン)と口頭で伝えるか、紙に書いて見せましょう。


こだわりの肉絲麺

masaru_8501

肉絲麺(ロースーミェン) 小サイズ 100元=約360円

今回はこちらの肉絲麺を注文しました。

パッとした見た目はどことなく長崎ちゃんぽんのような雰囲気がある麺です

細切り肉が麺の上にのっかり、スープの中にはキャベツとトマトを細かくカットしたものが入っているので、野菜の成分が染みこんだ滋味深い野菜スープがベースにある麺です。

隣にいたおじさんは大サイズを食べていたのですが、見たところ大サイズは結構な量のボリュームがありましたので、女性の方は小サイズで充分だと思います。


masaru_8506

麺は中太麺でうどんに似ています。

麺は手作り感が出ていて、モチモチとした食感と強いコシがあり、食べ応えタップリのとっても美味しい麺です。


masaru_8509

肉絲は下味がしっかりとついていますし、甘辛くて濃厚な味わいです。

このまま一気に食べてしまいそうですが、ひとまず我慢して、まずはレンゲを使って全体を混ぜて、細切り肉に絡まっているタレをスープに溶かします。

実はこの龍記搶鍋麺のスープは薄めなのが特徴で、このまま飲むと単に味気ないだけのスープになってしまうのですが、このスープに肉のタレを溶かして味を濃くしてから食べると全く違う味わいが楽しめるんです。

そこに刻んだニンニク、ラー油、酢をお好みで加えると、あら不思議、

さっきまで薄味だった味気ないスープが瞬く間に美味しいスープへと様変わりしてしまいます。

つまり、この搶鍋麵とは味を変化させて食べるのが特徴的な麺なんですね。


masaru_8491

各テーブルにはニンニク、ラー油、酢などの調味料が用意されていますので、是非スープに加えてみてください。

特に刻みニンニクは必須で、入れると味が格段に美味しくなりますよ。

そのままでは本当に味気ない薄いスープを味わうことになってしまうので注意してくださいね(笑)

味の変化を楽しむなら酢は味のインパクトが強いので、出来れば最後に入れた方がよろしいかと思います。

順番的には刻みニンニク→ラー油→酢の順がベストですね。


感想のまとめとして

masaru_8500

今回は肉絲麺(ロースーミェン)を食べてみましたが、肉絲のタレがあまり溶け込まないようで、スープについては調味料を加えないと少し物足りなさを感じたのが率直な感想です。

管理人は濃い目の味付けを好むので、余計にそう感じてしまいましたね。

後日、このお店で食べたことがある人に話を聞いたのですが、ここは肉絲麺よりも芙蓉麺(フーロンミェン)の方が肉の味がスープによく馴染むので、より濃厚な味わいのスープを味わいたいなら芙蓉麺を注文した方がよいとのアドバイスを貰いました。

まあ、時すでに遅しなんですけど、次回は必ず芙蓉麺(フーロンミェン)を注文してみようと思います。

ここまでの感想をまとめると、

濃い目はいらない、薄味の方が健康的だし、美味しい肉絲を味わってみたい、という方は肉絲麺(ロースーミェン)を。

いやいや、やっぱり味は濃いめでしょ!っという方は芙蓉麺(フーロンミェン)を注文した方がよろしいかと思います。

まあ、人それぞれ味覚は違いますから、肉絲麺(ロースーミェン)でも、これのどこが薄味なの?という方も中にはおられると思いますので、あくまでも参考程度に留めておいてください。

ちょっと酷評気味に聞こえてしまった肉絲麺(ロースーミェン)ですが、

全体的な評価をすれば、麺やスープや細切りの肉も味に深みがありますし、おすすめできる美味しい麺料理なので、興味を持たれた方は是非とも足を運んでみて下さいね。

以上、桃源街にある路地裏の名店、
龍記搶鍋麵をご紹介させて頂きました。

龍記搶鍋麵までのアクセス

masaru_8485

最寄り駅はMRT西門駅です。

四番出口を出て、衝陽路を道なりに三分ほど進むと右手に桃源街があります。

桃源街に入り、左手を見ながら歩くと、写真と同じようなイラストの龍記搶鍋麺と書かれた看板があります。

看板は小さくて分かりづらいので、見落としに注意してくださいね。

その看板がある場所には大人が一人入れるほどの狭い通路がありますので、そこを通ればお店の近くに出ます。

場所は本当に分かりづらいので、アプリのマップを利用して行くとよいでしょう。


龍記搶鍋麺について


営業時間

二部制

10:30~13:50

16:30~19:50

定休日

日曜日

住所

台北市中正區衡陽路84巷5號