皆さん、こんにちは~

今日は台北駅近くの南陽街にある、人気の火鍋屋さんへ行ってきました。

火鍋は字の如く鍋料理のことで、台湾ではポピュラーなグルメとして人々に親しまれています。

台湾の火鍋の特徴は格安でボリューム満点であること。

また、ドリンク類は飲み放題、食後のデザートのアイスクリームも食べ放題、ライスも食べ放題など、サイドメニューの充実さとコスパのよさがウケて、それが人気の秘密となっています。

南陽街とは?

masaru_0800

南陽街台北駅二二八和平公園のちょうど中間地点にある飲食店がたくさん密集しているエリアで、近くには予備校や塾があることから、夕方になると大勢の学生で賑わいをみせています。

この南陽街にはタコ焼きやカレー、牛丼やラーメン等、有名な日系のファーストフードのチェーン店がこぞって進出しており、台湾のローカルの飲食店と肩を並べて競合をしている、飲食街の激戦区でもあります。

また、学生街という特色があるエリアなので、南陽街の飲食店は値段が安いうえにボリュームたっぷりのグルメを提供しているお店が数多くあります。

鍋加鍋一鍋一焼

masaru_0307

本日ご紹介するのはこちらの鍋加鍋一鍋一焼です。

飲食店がひしめく激戦区の南陽街にあって、この地域の火鍋屋の中では一番繁盛をしているお店です。

昼も夜もお客で満席になるほどの人気の火鍋店で、特に夜は待ち時間も覚悟しなければならないほどの繁盛ぶりです。

その人気の理由は、台湾火鍋のお店なのにカツ丼やチキン南蛮などの和食をプラスしたスタイルがウケていることなんですね。

台湾人は日本食が大好きで、台湾全土にはどこに行っても必ず日本食のお店があり、街歩きをしていると、至るところで日式(リースー)と書かれた看板を目にします。

日式とは日本風の事で、若い人達の間では「クールでカッコイイ」という意味合いがあるようです。

台湾の人々は料理に限らず、この日式と書かれたものを見ると日本のものだと思い興味がそそられるのだそう。

それに、日本食=ワンランク上の高価なグルメとして捉えている風潮があるので、台湾料理+和食をミックスにしたスタイルのお店が流行るのだそうです。

masaru_0309

店頭にはメニューが設置されて、写真付きと日本語の説明もあるので安心です。

また、店頭の柱には大きな写真と日本語の説明を載せた特大メニューが張りつけてありますので、そちらを参考にしてもよいでしょう。

masaru_0311

注文を決めたら、お店に入ったすぐ右手のカウンターで注文を伝えてお会計をします。

カウンターにも日本語で書かれたメニューがありますから、それを指差すだけですので、オーダーはとっても簡単です。

masaru_0222

店内は中国風の雰囲気があるレストランといったところです。

ご覧のとおり満席状態で、席に案内されるまでに10分ほど待ちました。

サイドメニューが食べ放題、飲み放題ということもあって、客層は若い人が多いようです。

masaru_0282

席に案内されたら、鍋が運ばれてくるまで少し時間が掛かるので、その間に鍋用のタレを準備しておきましょう。

タレはチリソースや日本の醬油、ポン酢、ごま油、沙茶といって魚醬をつかったソースなど何種類か用意されていますので、お好きなタレを紙皿に入れてテーブルまで持って行きます。

masaru_0225

タレをセッティングして、あとは鍋が運ばれてくるのを待つだけです。

masaru_0286

ライスはお代わり無料です。

どれだけ食べても白い目で見られませんし、文句は言われません。

台湾のお米は日本統治時代に品種改良された蓬莱米が使われているので抜群に美味しいんですよ。

まあ、元々は日本が台湾に持ち込んだものですから、当然日本人の口にも合うはずですよね(笑)

管理人はお米を主食している国々を何ヶ国か旅をしましたが、日本以外で美味しいお米が食べられる国は間違いなく台湾ですね。

masaru_0288

器が小さくて少し不便なところがありますが、ご飯はこの紙皿に入れます。

あまり盛りすぎるとこぼれてしまうのでご注意を。

masaru_0283

ドリンクは紅茶のみのところもあれば、コーラやスプライト、オレンジジュースなどの飲み物がフリードリンクとなっているところもあり、お店によって異なっています。

このお店はスッキリとした甘さの冷たい紅茶がフリードリンクとなっています。

お代わり自由なので、お好きなだけどうぞ。

火鍋+トンカツ定食

masaru_0243

火鍋とトンカツのセット 179元=約650円ぐらい *当時のレート

今回の台湾旅で久しぶりに和食にチャレンジしてみました。

このお店は火鍋単品の他に、もう一品メインディッシュがついたセットメニューが大好評なんです。

masaru_0241

上には卵とじがのっているので、トンカツと言うよりは、カツ丼のカツですね。

とにかくボリュームが多くて、これ一つでもお腹いっぱいになってしまいそうなぐらいの量です。

メニューにはカツ丼の単品メニューもありますので、火鍋はいらないという方は単品メニューでも注文ができます。

masaru_0260

カツは一切れ一切れがサイズが大きくとても食べ応えがありますよ。

揚げたカツは衣はサクッとして、豚肉はジューシーで柔らかくてなかなかの味です。

さすがに日本のトンカツ専門店のようなクウォリティはありませんが、台湾の日本食にしては美味しいほうだと思います。

masaru_0240

火鍋は野菜がタップリ入って具だくさんです。

スープは少し薄めですが、具はタレをつけて食べるので特に問題はないと思います。

masaru_0269

油揚げのようなものです。

スープが染みて美味しいですよ。

masaru_0274

台湾の火鍋に必ず入っている蒲鉾は「ぷりっ」とした歯ごたえで美味。

masaru_0272

これは豚の血を固めて作った豬血糕(ツーシエガオ)というゼラチン質のお餅のような食べ物です。

臭豆腐と同じく、日本人がドン引きする台湾グルメの一つで、屋台ではもっと大きいサイズのものが売られています。

管理人も初めて食べた時は苦手意識がありましたが、今では普通に食べれるようになりました。

火鍋+チキン南蛮定食

masaru_0227

火鍋とチキン南蛮のセット 169元=約600円

この店では売れ筋の人気メニューだそうです。

トンカツやチキン南蛮以外にも和食のメニューはたくさんあります。

masaru_0230

チキン南蛮も大きめのサイズでボリュームがあり食べごたえは充分ですね。

これだけでお腹いっぱいになりそうです。

鶏肉は柔らかくてジュ―シー、トウガラシがのっているので少しピリ辛なのが美味しかったです。

masaru_0294

アイスクリームは全部で六種類あって、チョコレート、ストロベリー、チョコミント、バニラ、小豆、ピーナッツ味からお好きな物をどうぞ。

アイスクリームも食べ放題となっていますので、どれだけ食べてもOKです。

masaru_0302

ピーナッツとバニラとストロベリーのトリプルです。

ちなみに管理人は全種類食べましたが、個人的にはバニラが一番でしたよ。

業務用ですが、台湾のアイスクリームは概ね味や品質もよくて美味しいです。

日式の二文字に騙されてはいけない。台湾の日本料理の実態とは?

masaru_0238

ちなみに台湾では日式と書かれた寿司やラーメンやカレーとかのお店をたくさん見かけますが、それらのほとんどはハッキリ言ってマズいので、管理人は絶対におすすめしません。

特にラーメンは高確率の割合で美味しくなく、食べてみたら、スープは出汁が取れていないわ、麺は柔らかすぎだわ、味が薄すぎだわ、といった激マズラーメンにお金を払ったことをきっと後悔するでしょう。

何故かというと、この日式と書かれたお店のほとんどが、日本で修業したり日本食をしっかりと学んでからお店を出しているわけではなく、全て見よう見まねの自己流で営業しているからです。

当然基本が出来ていないから応用もないわけで、とてもじゃないけどそんな料理が美味しいはずがありませんよね。

本場の味に慣れている我々日本人からしてみたら、台湾にある日本もどきの料理は、残念ながらお粗末なレベルだと言わざるをえません。

日本で修業したり、日本人の料理人から学んで店を出している人も中にはいるかもしれませんが、そういった人は高級レストランや高級ホテルの料理人として働いている事がほとんどです。

ですから、もし台湾のグルメに飽きてしまって日本食が恋しくなってしまった人は、日本料理の高級レストランへ行くか、ラーメン屋だったら「一風堂」などの日系企業のお店が出店していますので、多少割高であっても、そういったところで食べることをおすすめします。

カレーだったら「COCO壱番屋」が出店していますし、その他にも、モスバーガー、銀だこ、すき屋、赤から鍋、等々、日系企業のお店がたくさん進出していますので、それらを利用した方がよろしいかと思います。

台湾の日本料理の実態についてお話させて頂きましたが、今回ご紹介した鍋加鍋一鍋一焼は日本人の口にも合う、コスパのよい美味しい火鍋+日本食の優良店です。

管理人が直接味を確認した結果、このレベルの味なら皆さんにもおすすめできると判断したので、今回ご案内させて頂きました。

台湾の油っぽい料理に疲れてきた人や飽きてきた人、また、台湾に来たけど、やっぱり料理が合わない人や日本食が恋しくなってきた人は、こちらのお店まで足を運んでみて下さいね。

以上、台湾火鍋と日本食の美味しいお店、鍋加鍋一鍋一焼をご紹介させて頂きました。



鍋加鍋一鍋一焼について

営業時間

11:00~21:00

住所