masaru_4164

こんにちは、皆さん。

今日は西門エリアにある魯肉飯の人気店、西門金峰魯肉飯へやってきました。

こちらのお店は中正記念堂にあるルーロファンの老舗の名店、金峰魯肉飯の西門支店です。

日本でも様々なガイドブックで紹介されているこちらの金峰魯肉飯、今回はそのルーロファンを目当てに初めて利用してみました。

今回はそんな人気のお店、金峰魯肉飯の西門支店のルーローファンを食レポしてみたいと思います。


masaru_4171

お店の入り口です。

ルーローファンを提供するお店は、昔ながらの古びた食堂という印象がありますが、金峰魯肉飯のお店の外観は高級感ある造りとなっています。

入り口には日本語訳の説明文が載った写真付きのメニューがありますから、入店前に注文するメニューがイメージしやすいのも嬉しいですよね。

このように、お店の店頭の前に分かりやすいメニューが提示してあるお店は良心的なお店が多く、入りやすいです。


masaru_4157

店内の様子です。

広さはそんなにありませんが、清掃は隅々まで行き届いており、清潔感はとても感じられます。

オープンしてまだ間のないのか、店内の内装は非常にきれいです。

ただ、常時店内が満員となる激込み店ですので、かなりの高確率で他の人との相席になることがほとんどです。

お昼時に行ったのですが、案の定店内はかなり混んでおり5分ほど待たされた後、他の見知らぬ人と顔を突き合わせの食事となりました。


masaru_4152

店頭にある厨房の様子です。

このお店のスタッフは皆、二十代ぐらいの若い人たちばかりでした。

こちらの厨房でもシェフは皆、若い人たちばかりで、若さのエネルギッシュな雰囲気が伝わってきます。


masaru_4117

壁にはこれまでの金峰魯肉飯の歴史の古さを連想させるようなお寺が描かれています。

masaru_4174

店頭に設置してある写真付きのメニューです。

店内にはこれと同じようなメニューはないので、入店する前に一度メニューを閲覧して注文したいものを決めておきます。


masaru_4114

注文票です。

先程店頭でご覧になられたメニューを参考にして、こちらの注文票に記入をします。

ちなみに注文票の右上に書いてある卓號という文字はテーブルの番号を意味しています。

台湾の食堂のテーブルには番号がついていることが多く、お客は注文票に記載されているテーブル番号も記入するのが基本的なマナーとなっています。

もし、番号が分からなくて記入していなくても、店員さんに任せておけば大丈夫なので問題はありません。

注文票を記入し終えたら店員さんを呼んで、注文票を渡してくださいね。

また、お店によっては滷肉飯と書かれている場合もありますが、滷肉飯魯肉飯と同じ意味で、ルーローファンと読みますので覚えておいてくださいね。


masaru_4139

魯肉飯 小サイズ 33元

注文してから五分ほどで運ばれてきました、

ちょっと時間が掛かってるな、という印象ですが、混雑している忙しいお店なのでそこは致し方ないようです。

それにしても、煮込まれた豚肉はいい香りで、匂いを嗅ぐだけで食欲がそそられます(笑)


masaru_4146

アツアツのご飯は少しやわらかめの炊き加減で、ご飯には煮込まれた豚肉の甘辛いタレがしみ込んでいて美味しいです。

ただ、小サイズは量が少ないですね。

他店の小サイズと比べても量は少ないと感じますし、それで値段は10元ぐらい高めの値段設定なので、コスパは決してよいとは言えませんね。

ルーローファン意外もたくさん注文する人、及び、女性や小食の方には充分な量だと思いますが、ガッツリ食べたい方は大サイズを注文された方がよろしいかと思います。


masaru_4150

ルーローファンの付け合わせの大根の漬物です。

これがあっさりとしてて、本当に美味しいんですよ(笑)

コリコリとした歯触りで、ほんのちょっぴりの酸味と甘み+トウガラシのピリ辛があって美味しかったです。

ルーローファンは全体的に脂っぽい料理なので、こういったさっぱりとした漬物は箸休めにちょうどいいですね。


masaru_4133

金峰魯肉飯の感想のまとめとして

①店内は清潔感があってオシャレな内装ですが、人が多くて相席になるのがネックなのと、激込みでお客の回転率が速い為に、早く食べなきゃいけない、長居は出来ないといった雰囲気があって落ち着けませんでした。

②その日はたまたまかもしれませんが、ご飯の炊き加減はやわらかかったです。管理人は固めが好きなので、その辺はちょっとイマイチだったかな。

③煮込まれた豚肉は醬油と砂糖がベースの濃厚な味付けと風味で、ルーローファンに多くみられる脂っぽさはなかったですね。

後は、少しカレーの風味がしたので、恐らく隠し味にカレースパイスが使用されていたと思います。

④量は少なめなので小食の方や女性の方には充分な量だと思いますが、ガッツリ食べたい人には物足りないと思いますので、大サイズを注文した方がよいと思います。


確かに名店の名にふさわしい美味しいルーローファンですし、食べても失敗はないレベルの味でした。

ただ、個人的な評価で恐縮なのですが、自称ルーロファンマニアの管理人がジャッジした中では、金峰魯肉飯のルーローファンは残念ながら、おすすめしたいトップ5のランキングには入りません💦

量、コスパのよさ、味の総合的な観点からみたら、金峰魯肉飯より美味しいルーロファンが食べれるお店は他にもたくさんあります。

例えば

東東牛肉麺のルーローファン

三元號

福珍

などなどです。

その他、上記に挙げた以外でもコスパよし、量よし、味よしのルーロファンはまだまだありますから、今後もどんどんとご紹介していきますので、乞うご期待下さいませ。

金峰魯肉飯の場所についてですが、MRT西門駅からは徒歩10分ぐらいと少し離れています。

一番分かりやすいルートはまず昆明街と成都路が交わる交差点に行き、その交差点から南に徒歩2分ほど歩けばお店はあります。

以上、ルーローファンの名店、西門金峰魯肉飯をご紹介させて頂きました。




金峰魯肉飯について


営業時間

10:00~22:00

定休日

火曜日

住所

台北市萬華區昆明街89號