masaru_2201

皆さん、こんにちは。

本日も引き続き古亭エリアにある、おすすめの台湾グルメをご紹介させて頂きます。

今回ご紹介するのはこちらの圓林商店というお店です。

こちらは何のお店かと言いますと、台湾式おにぎりの・飯糰(ファントゥアン)と台湾式スイーツの代表格、豆花(トウファ)がとっても美味しい穴場的なお店なんですね。

創業は古く、老舗の隠れた名店として、過去には日本のメディアにも取り上げられたこともあります。

お店の場所はMRT淡水信義線の東門駅とMRT古亭駅のちょうど中間ぐらいです。

ここから徒歩10分ほど歩けば、焼き小籠包で有名な高記、マンゴーかき氷で有名な思慕昔、小吃の名店、天津葱抓餅等々、台北のグルメを語る上で外すことが出来ない名店が密集している永康街があります。


masaru_2204

圓林商店はその名のとおり商店も兼ねており、店内では砂糖や醬油などの調味料やドライフルーツや乾物等が販売されています。

もちろんお気に入りの物があれば購入可能です。

masaru_2202

店内の様子です。

この日訪れたのは午後の15時近くで店内はガラガラ状態でした。

店内にはお爺さんとお孫さんらしき若い女性が二人、日本語や英語は通じませんが感じのよい対応でよかったです。

masaru_2203

メニューです。

ありがたいことにこちらのお店は日本語のメニューもありますので、注文したいものがイメージしやすいので、ポイント高しですね。

ちなみにこちらのおすすめメニューをご紹介しますと

黒飯糰、花生豆花、黒豆漿の三つがおすすめです。


masaru_2216

こちらが圓林商店の一番人気の黒飯糰(ヘイファントゥアン)、一つ35元です。

これが本当に美味しくて、おすすめしたい台湾式おにぎりなんですよ~!(^^)!

紫米ですとか白米の台湾式おにぎりを扱うお店は数多く見られますが、黒米を扱うはお店は数少なく、希少価値のある飯糰なんですね。


masaru_2219

おにぎりの中はサックサクの甘みのある油條(揚げパン)と甘さを控えめにした肉でんぶや程よい塩味のシャキシャキとした食感のある台湾漬物がトッピングされているので色々な食感が楽しめます。

全体的に滋味深い味わいで腹持ちもよい台湾式おにぎりです。


masaru_2214

炊きたてのアツアツの黒米は少し固めの歯触りで、お米は甘みがありモッチリとしています。

黒米は別名古代米とも呼ばれ、栄養価も高く体にとっても良いそうなんですよ。

台湾の友人曰く、台湾では近年、社会の風潮として健康志向の食生活が見直されているらしく、体によい黒米や紫米の飯糰は特に人気があるそうです。


masaru_2207

黒飯糰を食べ終わったら、デザートに圓林商品のもうひとつのおすすめ品である豆花を頂いてみます。

こちらは豆花で一番おすすめの落花生の豆花・35元です。

豆花にかけてあるシロップの甘いよい香りが鼻をつきます。

う~ん、これは美味しそうな予感が!?( ´∀` )

masaru_2212

ビンゴ!、いやいや、これは美味しいですね~(笑)

豆花は黒ゴマが練り込まれているらしく、他の店にはみられない黒色の豆花です。

これがとっても香がよくプルプルしてて、やわらかい滑らかな口当たりなんですよ~

豆花は天然の甘みがあり、風味豊かで手作り感満載の美味しい豆花でした(>_<)


masaru_2208

最後は落花生です。

シロップの水分によってふやけた落花生は本当に豆花によく合いますね。

本来はカリッとした食感を楽しむ落花生が、ちょっとした一工夫で本来の食感とはまた違った美味しさが楽しめるものに変るなんてちょっと驚きです。

シロップの水分に浸して柔らかくしてから食べるなんて、発想が素晴らしいですね(笑)

プルプルでやわらかく滑らかで風味豊かな豆花と、甘みを抑えてサッパリとしたシロップに柔らかい落花生が合わさった、全体的にバランスのよい美味しい豆花です。

体によいふっくらとして甘みがある黒米に色々な食感が楽しめる黒飯糰とプルプルとした滑らかな豆花は天然の甘みで優しい味、いずれも健康に配慮した体に優しい一品です。

隠れた名店の圓林商店、今回初めて来ましたがこれはイチオシですね!

皆さんも古亭近くに来たら、圓林商店まで足を運んで、健康的で美味しい黒飯糰と豆花を是非とも味わってみて下さいね!(^^)!


圓林商店について

営業時間

早朝から夕方まで

住所

台北市大安區金山南路二段129號