masaru_IMG_7996

皆さん、こんにちは。

今朝は台北駅裏の信陽街というエリアで見つけた朝食の美味しいお店で蛋餅を食べてきました。

新陽街は飲食店が密集している所で、その中には日本で言う「横丁」のような情緒の雰囲気が感じられる場所があるんですね。

その横丁の中にとっても美味しい台湾定番の朝食の蛋餅専門店がありますので、本日はそのお店をご紹介させて頂きます。


masaru_IMG_7993

蛋要酷・手工蛋餅専賣店

蛋餠はクレープのようなもの、手工とは手作りの意味を表し、手工蛋餅専賣店とは手作りの蛋餅を販売する専門のお店という意味です。

お店は横丁の一番右奥にあります。

朝はこちらの蛋餅専門店しか営業していませんが、お昼近くになると横丁のほとんどのお店が営業を開始するので、それに合わせてたくさんのお客さんが訪れ賑わいを見せます。


masaru_IMG_8004

こちらのお店はオープンして間もない新しいお店であるにもかかわらず、台湾の全国紙に取り上げられたほどの注目度を集める蛋餅の穴場的なお店です。

蛋餅の専門店らしく使う素材にはとことんこだわり、クレープの様な包む生地も業者に頼んでいるものではなく、生地作りも自分達で一から小麦粉を練って作る手作業にて行っています。

職人技で作る本格派の蛋餅なので、これは大いに期待が出来そうですね。


masaru_IMG_7992

メニューが壁にかけてありますので、こちらのメニューを参照にして注文をしましょう。

メニューのご説明をしますと

原味=プレーン

起司=チーズ

火腿=ハム

培根=ベーコン

玉米=トウモロコシ

里肌猪排=豚のステーキ

高麗菜=キャベツ

飲み物を注文する場合は紅茶、ミルクティ、豆乳の三つがありますのでお好きな物を選んで下さいね。

紅茶は日本語の紅茶と同じ意味です。

奶茶=ミルクティ

豆漿=豆乳

冷たい=冷的(ビンダ)

熱い=熱的(ルゥーダ)

となっていますので参照にして下さいませ。

こちらの店員さんは日本語や英語は通じませんので、紙に書いて見せるようにして下さいね。

あとは辛いオリジナルソースを加えるか否かを聞かれますので、必要な場合は要(ヤオ)、必要でない場合は不要(ブーヤオ)と伝えるか紙に書いて見せましょう。

ちなみに辛いは辣(ラー)と言いますので覚えておいてくださいね。


masaru_IMG_7990

完全手作りの為、注文してから少し時間が掛かります。

お店の中に椅子が用意されていますので、出来上がるまで椅子にかけて待ちましょう。

出来上がったら店員さんが教えてくれます。

ちなみにこちらの店員さんは対応もよくて感じがよい人達でした。


masaru_IMG_8008

こちらに箸やストローが用意されていますので、忘れずにお持ちくださいね。

masaru_IMG_8016

完全テイクアウトのお店の為、店内で食べることは出来ませんが、お店の目の前に静かな公園とベンチがあるので、そちらで召し上がることをおすすめします。

お店に来る前にコンビニで買った豆乳と一緒に蛋餅を頂きます。

masaru_IMG_8041

こちらの豆乳は統一陽光という台湾の有名な会社のブランドの物で一本25元です。

甘さ控えめでスッキリとして飲みやすいので台湾に来た時は愛飲しています。

こちらの豆乳は食物繊維が豊富なので次の日の朝はお腹の調子が本当に良くなるんですよね。

個人差はあると思いますが、特に女性の方におススメしたいですね。


masaru_IMG_8028

それでは蓋をオープン。

ほほぉ~、これはこれは、見た感じは卵焼きのようで何とも美味しそうではありませんか。

クレープの美味しそうな甘い香りが漂っていますね~

ちなみに注文したのは培根蛋餅・ベーコンの蛋餅、45元です。

通常の蛋餅より少し高めのお値段ですが、手間暇かけて手作りで作業をしているので、それに見合わせた価格設定のようですね。


masaru_IMG_8035

蛋餅専門店の蛋餅とは一体どんな味がするのでしょうか。

それでは早速頂いてみますね。

パクッと一口。。。

なるほど、納得の味!、バリウマですね!

通常の蛋餅のクレープの様な生地はやわらかいのですが、こちらの生地は固めの歯触りでもっちりとした食感です。

機械で大量生産して作ったものよりも、職人さんが丹精込めて手作りで作ったものでは生地の質にこんなにも大きな差があるんですね。

これは本当に美味しかったです!


masaru_IMG_8045

横から撮影したものです。

分厚いベーコンをこれまた分厚い蛋餅が包んでいるので食べ応えがたっぷり。

このベーコンも肉厚で風味豊かで本当に美味しかったですよ!

固めでもっちりとした生地の甘みとベーコンの塩気が絶妙なマッチング、いや~これは堪りませんね(笑)

激ウマです!


masaru_IMG_8050

トウガラシのオリジナルソースを漬けたバージョンですが、少量でも凄い辛いので、漬ける時は量の配分に気をつけましょう。

辛めが好きな人は多めに漬けても問題ないと思います。

今回初めて手作り蛋餅を食べてみましたが、手作り感が出ている蛋餅は、普段食べている蛋餅とはひと味違った新しい食感でとても新鮮味がありましたね。

さすがお店をオープンさせて、早々に取材が来ているだけあって実力があるお店ですね。

注文が終わった後で、しばらく職人さんの作業ぶりを見ていたのですが、凄い真剣に作っている雰囲気プロ意識が伝わってきてました。

厳格に真面目にやっているといった職人魂が垣間見えて、思わず感心してしまいましたよ。

皆さんも職人魂がこもったワンランク上の蛋餅を是非とも味わってみて下さいね。


以上、激ウマ蛋餅の専門店、手工蛋餅専賣店・蛋要酷をご紹介させて頂きました。



手工蛋餅専賣店・蛋要酷について

営業時間

7:30~19:00

定休日

土曜、日曜

住所

台北市中正區信陽街26-4號