masaru_IMG_4114

皆さん、こんにちは。

本日はMRT北門駅の近くにある牛肉麺ストリートについてのお話をさせて頂きます。

MRT北門駅を出て、西門街方向へ五分ほど歩くと、洛陽街という通称牛肉麺ストリートと呼ばれるエリアがあります。

その洛陽街、通称牛肉麺ストリートには牛肉麺を提供するお店が密集しているため、競争が激しく、各々のお店が集客の為に日々しのぎを削っているので、どのお店も非常にハイレベルな味の牛肉麺を提供しているんですね。

また、密集している=競争が激しいという図式から、そのエリアにある牛肉麺のほとんどのお店が一律の同じ値段で牛肉麺を提供しているという、いわゆる価格破壊が起きているんです。

台湾では牛肉麺は値段が高めなのでちょっとした高級感があるのですが、このエリアに限っては平均価格よりもはるかに安い値段で牛肉麺が味わえるんですね。

今日はその牛肉麺ストリートの中でも味に関しては1.2位を争う美味しい牛肉麺を提供しているお店をご紹介させて頂きます。

それでは早速行ってみましょう。

牛肉麺ストリートにあるミシュランガイドおすすめの牛肉麺のお店

masaru_IMG_4074

建宏牛肉麺

お店の場所は西寧南路沿いにあり、MRT北門駅からですと徒歩7~8分ほどの距離にあります。

MRT北門から行く場合は一番出口を出て忠孝西路一段が通る交差点まで行き、交差点を横断した後そこを右折して真っすぐ行きます。

しばらく歩くと西寧南路の通りがありますので、そこを左折してすぐのところにお店があります。

元々は同じ牛肉麺ストリートにある富宏牛肉麺というお店を兄弟で経営していたのですが、経営の方針の違いから袂を分かった後、分離、独立した弟さんが経営しているお店です。

特筆すべきはこの建宏牛肉麺、2018年度の台北ミシュラン・ビブグルマンに選ばれた優良店だということなんです。

ミシュラン・ビブグルマンとは、ミシュランガイドがすすめる美味しさとコスパのよさを兼ね揃えたお店に与えられる称号のことなんですね。

また、この建宏牛肉麺はお兄さんが経営する富宏牛肉麺と同じく、日本のガイドブックにも度々載ったりしているので、リピーターの日本人観光客の間では格安で美味しい牛肉麺が食べられるお店として知られています。


masaru_IMG_4079

店内の様子です。

店内は広々としており、清掃もきちんとされていて、大衆食堂の割には比較的清潔感は感じられました。

お店の清潔感はお兄さんの富宏牛肉麺に比べれば比較のしようがないほど綺麗です。

富宏牛肉麺は建物自体古いですし、ごちゃごちゃとしていて店内の清潔感はあまり感じられません。


masaru_IMG_4075

メニューです。

お店に入店すると店員がメニューを持ってきますので、お好きなものを選んで店員に伝えて下さい。

注文する時に麺の太さを聞かれますので、太麺、中太麺、細麺から選んでくださいね。

お会計は注文が終わって商品が運ばれてきてからの引き換えとなります。

牛肉麺は小、中、大とありますが、中・大は麺の量が多いので、ガッツリ食べたい方以外は男性も女性も小サイズで充分だと思います。

その他のメニューをご説明しますと、

牛雑麺=牛肉麺と同じベースのスープで牛肉の部分に牛の胃袋を使用している麺

牛雑湯=牛肉の部分に牛の胃袋をたっぷり使用している麺なしのスープ

牛肉湯麺=牛肉麺とは違う薄めのスープでローストビーフの様な薄い牛肉と麺が入っているスープ麺

牛肉湯=牛肉湯麺の麺なしバージョン

綜合湯=赤肉の部分の牛肉と胃の部分の両方を使った麺なしのスープ

綜合麺=牛肉麺のスープに赤肉の部分の牛肉と胃の部分の両方の部分を使った牛肉麺

麻醬麺=細麺にごまだれを使用したもの

魯肉乾麺=麺の上に豚のそぼろが載ったもの、ルーロファンの麺版

水餃=水餃子

湯餃=ワンタン


となっていますので参照にして下さいませ。


masaru_IMG_4107

注文が決まったら、こちらの眼鏡のお姉さんがいる所に行って、注文票を渡しにいきましょう。

masaru_IMG_4081

生で食べるニンニクです。

台湾の牛肉麺のお店には必ず生のニンニクが置いてあって、地元の台湾人はこのニンニクを生のままかじります。

私もたまに生でかじりますが、生のニンニクは下がピリピリするほど辛いですし、成分がキツく胃が荒れるのであまりおすすめはしません。


masaru_IMG_4080

様々な調味料が置いてありますが、こちらのものは甘いものが多いので、日本人の口にはまず合わないと思います。

スープは充分おいしいので、調味料を使わなくても大丈夫です。

下手に調味料で味付けして失敗した場合、取り返しのつかないことになってしまいますので、スープは基本的にナチュラルで味わうのがよろしいかと思います。

私の場合は辛めが好きなので、基本的にトウガラシのペーストかラー油、あとはアクセントとして高菜しか入れません。

ミシュランガイドおすすめの牛肉麺の味

masaru_IMG_4085

牛肉麺 大サイズ 110元

こちらがミシュランガイドおすすめの牛肉麺です。

醬油の芳ばしいとってもいい香りがしてますね。

私はがっつり食べたい派なので、大サイズがちょうどよい量なのですが、量が本当に多いので食が細い方や女性の方には小サイズをおすすめします。

masaru_IMG_4090

牛肉麺を食べるうえで一番楽しみであるのがこの牛肉です。

ミシュランガイドおすすめの牛肉麺の牛肉。。。なんだかテンションが上がります(笑)

それでは頂いてみますね。どれどれパクっと。。。

なるほど! これは美味しいですね! 

肉質は柔らかく噛むと肉の旨みと醤油の風味が口の中いっぱいに広がります!!

さすがミシュランガイドのような世界的な権威の評価は伊達ではないようです(笑)

個人的な感想としては、肉のやわらかさはお兄さんの富宏牛肉麺の牛肉より少し柔らかいような感じがしました。


masaru_IMG_4092

お次は麺です。

今回もお気に入りの中太の縮れ麺で注文しました。

個人的に牛肉麺は中太の縮れ麺がスープに一番合うと思うので、麺が選べるお店では必ず中太縮れ麺を頼んでいます。

これが本当に美味しい麺なんですよね。

コシがある麺はモチモチしていてツルツルして甘みがあってバリウマなんです!

麺も納得のクウォリティの良さで合格点です!

masaru_IMG_4095

スープは醤油と豆板醤を合わせた牛肉麺王道スープの紅焼と呼ばれるスープですが、これがとってもさっぱりしていてゴクゴクと飲めてしまうようなスープなんですよ

日本人が苦手な八角風味ではなく、醬油の味が色濃い中華そばのようなさっぱりとしたスープなので、日本人好みの味だと思います。

スープは牛肉麺全体の評価を決める最も重要なものですから、そのスープは日本人好みの味ということで、これも高評価の合格点です


masaru_IMG_4099

もし、辛めの味にしたいなら、こちらのトウガラシ入りのラー油を入れてくださいね。

スープにピリ辛のアクセントがついて、スープの辛さが食欲を増進して、麺がズルズルッと、どんどん進んじゃいますよ(笑)

但し、こちらのトウガラシ入りラー油は入れすぎるとっても辛くなってしますので、少量ずつ入れて味をみながら足すようにした方がよいと思います。

masaru_IMG_4098

牛肉麺を美味しくする秘訣として、高菜は欠かせない必須アイテムです。

高菜には塩分が含まれているので、牛肉麺に入れると辛みがましてスープがよりコクのあるものになります。

masaru_IMG_4100

高菜のシャキシャキ感と塩味が牛肉麺をさらに美味しくするので、私はいつも高菜をたっぷり入れますね。

よろしければ是非試してみてください(笑)

感想のまとめとして、

建宏牛肉麺はさすがミシュランガイドおすすめのお店だけあって、納得のいく確かな味の美味しい牛肉麺で、個人的な評価としても皆さんにおすすめしたい優良店でした。

また、こちらの建宏牛肉麺は無休の24時間営業ですので、時間を気にせず、皆さんのお好きな時間帯に美味しい牛肉麺が味わえるとっても便利なお店となっています(笑)

皆さんも台北観光の際は、ミシュランガイドおすすめの建宏牛肉麺の美味しい牛肉麺を是非とも味わってみてくださいね。

以上、牛肉麺ストリートにある牛肉麺の激ウマ店、建宏牛肉麺をご紹介させて頂きました。


建宏牛肉麺について

営業時間

24時間営業

住所

台北市大同區西寧南路七號